ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親愛なる皆さんへ
2006年04月27日 (木) 06:02 | 編集
追加:日本ドッグホーム協会が新しい声明を発表
新しいウェブサイトを制作中です!

このお話をどんどん広めて行きたいと思ってます。共感していただけた方がそれぞれのサイト・ブログでリンク、または掲載していただけるとすごく助かります。リンクしていただけた事、教えていただけるとうれしいな!
リンクのアドレスはこちらです:
http://chuchudiary.blog49.fc2.com/blog-entry-52.html
Deco's Roomさん、ちわわせ日記さん、犬養分な日々さん気まぐれくり姫とウィリアム王子の秘密日記さん、リンクありがとう!!

★この記事に関して、暖かい応援のコメントありがとうございました。これからもまだまだいいアイディア、感想等のコメントお待ちしてます。どうぞ気軽に書いてください!★


--

どこからどうやって始めればいいのか・・・。

どうすれば、これを読んでくれる皆さんの心に届く文章を書く事が出来るのか・・・。

どうして私がこれを書いているのか・・・。

ゆっくりと書いてみます。

日本ドッグホーム協会は、高齢による病気などにより泣く泣く手放さざるをえなかった愛犬、愛猫達を無償で預かり、生涯のお世話をしてゆくボランティア団体です。なぜ預かるのか?なぜ里子にださないのか?そう思われるかもしれませんね。

wannyan1.jpg

協会ににて暮らすワンちゃん達です。ワンちゃん達は月に一度シャンプー&トリミングしてもらうそうです。可愛いリボンをつけている子もいますね。*写真は日本ドッグホーム協会のブログ「わんにゃん奮闘記」からお借りしています。

飼い主の方々はそれぞれの飼い犬、猫を自分の子供のように可愛がってきました。病気になって自分で世話ができなくなってもその子達を想う気持ちは変わりません。それどころか、私がいなくなったらこの子はどうするんだろう・・・。と、心配でならないでしょう。日本ドッグホーム協会はそんな高齢者の方々の気持ちをサポートしたい、と考えているんです。何年も自分の側にいてくれた愛犬・猫達です。そんなに簡単に里子に出す事はできないですよね。自分がその立場だったら、と想像しただけで、胸がギューッと重く感じます。

今月初旬、そんな風に飼い主さん、そして協会の人々に愛された、愛らしいおめめのミミちゃん(14歳)は遂に力尽き、虹の橋に行ってしまいました。

wannyan4.jpg

ミミちゃん安らかに眠ってください。*写真は日本ドッグホーム協会のブログ「わんにゃん奮闘記」からお借りしています。

そんな事を日本ドッグホーム協会の方々は何度も何度も見てきました。お金もない、十分な助けもない、それでも目の前には年老いた犬猫達や、その高齢な飼い主さん達が自分を頼りにしている。私には想像を絶する世界です。このような高齢者の手助けをするのに、現在の日本では、残念ながら国からの援助は一切ありません。これは犬や猫の動物愛護というだけではなく、高齢者福祉の問題でもあります。今すぐとはいいません、しかし近い将来、我が国がこの施設の創立にあたって援助をするのは決してむちゃくちゃな話ではないと思います。

白井さんはブログにこう書いています「互いに喜び合う再会をいつまでも、見ていたい。元気に過ごしていますよ。という写真を、元飼い主さんのところへ送り続けたい。ホームで暮らす子達の笑顔を、ずーっと見ていたい。その笑顔を守るために、毎日、がんばっているのだ。」

日本ドッグホーム協会には現在100頭の犬と103頭の猫(4月30日現在)が、可能な限りの愛情を受けて暮らしています。そして、この数はものすごく早いスピードで伸び続けているそうです。最近この協会の代表である白井さんとお話する機会がありました。

現状は・・・。厳しいです。日本ドッグホーム協会はボランティア団体です。現在犬・猫の生活費だけでも以下の表にある通り。そしてホームに入ってくる犬や猫の数は増えるばかりです。婦人誌の「クロワッサン」、そして数々のローカルテレビなどの取材によって話を聞きつけた方々から、犬を預かって欲しい、と沢山相談を受けるそうです。



注)上の総合計は私日本ドッグホーム協会から頂いた一頭分の金額を私が計算したもので、日本ドッグホーム協会が正式に表明しているものではありません。だいたい、という事でご理解ください。

お電話でお話させて頂いた時に、白井さんに現在寄付されてくる金額を聞いてみました。聞いてびっくり。これだけ?!という思いでした。預かってくれっていう数は増えたのに、でもなぜか寄付はたまらない。需要は増えているのに、助けは広がっていかない・・・。悲しくなりました。この協会は以前に増して助けを必要としています。同じ日本人として、人間として、責任のある大人として、愛犬家、愛猫家として、愛する我が犬、猫のパパ、ママとして、どうか協会の子達を助けるための寄付をしてあげてほしい・・・。私の切実な願いです。寄付されたお金は、協会の方々によって大切に使われます。今何が必要か、一番いいお金の使い方を知っているのは、協会の方々です。お任せするのが一番いいと思います。「自分のお金がどの部分に使われるのか説明(証明)してくれ。」などと気にする方もいるそうですが、私にしたら、そんな事をいちいち説明させる時間があれば、犬の散歩に行かせてあげてください、と言いたくなります。どこかに、「~してやっている。」という気持ちがある証拠です。協会の方々にお礼を言わなければならないのは、私達の方ではないでしょうか?いち国民として、地球に動物と共存する人間として、これが私達の責任というものではないでしょうか?

wannyan3.jpg

*写真は日本ドッグホーム協会のブログ「わんにゃん奮闘記」からお借りしています。

現在の日本ドッグホーム協会においての大きな問題は動物達のシェルター建設に掛かる費用不足です。現在犬・猫達が住んでいる場所は出来る限りの設備、衛生状態ではありますが、これから予想される大幅な需要についていけるような施設ではありません。今までの心ある皆さんの寄付のお陰で、自然の多い田舎に大きな土地を買う事はできました。でもここにシェルターを建てる為の資金までは手が回っていないのが、現状なんです。協会の方が心配するのは、もうすぐやってくる暑い夏。歳がいった子達にとって暑さは天敵。この子達に快適に過ごしてもらう為に、シェルターの建設がどうしても必要なんです。

私はアメリカに住んで11年になります。アメリカには沢山の問題点があり、腹の立つ事も沢山ありますが、寄付をするという事に関しては非常に積極的だという、とても良い部分もあります。アメリカには個人が手軽にきれる個人用小切手というものもありますし、インターネットでショッピングでもするかのように、クレジットカードを使って寄付するという事が主流になっています。現在日本で多く使われている銀行・郵便振込みの寄付などと比べて、とても簡単に寄付する事ができるんです。私もこの方法をつかって地元のシェルターに寄付しています。この銀行・郵便振込みの方法は海外に住んでいる人にとって、手間と時間が掛かるもので、これでは海外からの寄付の数を減らす事になるんではないでしょうか?さて、だからといって銀行・郵便局振込みを使っている団体が悪いとかいう気はまったくないのですが、オンラインでの寄付方法も加える事により、それだけ寄付される可能性が多くなると思います。

・・と勝手に想像し、コンピュータープログラマーである私の夫、ちゅーちゅーの父が日本ドッグホーム協会のサイトにもオンライン上での寄付を可能する為のソフトをプログラムしてくれるといってくれました。それができ次第、私も間違いなく寄付させていただきます。

wannyan5.jpg

*写真は日本ドッグホーム協会のブログ「わんにゃん奮闘記」からお借りしています。


一人一人の寄付が小さくても、それが沢山集まれば大きな金額になります。これを読んでいる皆さんの中で、「ここをこうしてくれたら寄付しやすくなる。」など感想があれば、是非聞かせていただきたいです。コメントに書いてくれてもいいですし(匿名でも構いません。)メール(chuchu.thies@gmail.com)でもいいです。

インターネットでの寄付が出来るようになったら、こちらでも発表させていただきます!

寄付以外でも出来る事:

1.ご家族お友達にいわゆる著名人(芸能人、政治家、スポーツ選手、著者など)がおられる方。テレビ、マスコミなどに注目される彼らの力を借りれば、現在の状況をもっと効率よく広める事ができます。もし、そういう方がいらっしゃいましたら、紹介していただけますでしょうか?

2.ご家族お友達に会社の経営などをしている方、会社にスポンサーになってもらえませんか?アメリカではこれが非常に盛んです。

wannyan6.jpg

チャオくん元気になりましたか?*写真は日本ドッグホーム協会のブログ「わんにゃん奮闘記」からお借りしています。

--

最後に、逝ってしまった子達、その子達を愛した皆さんにこの詩を捧げます。

虹の橋

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。
病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・まるで過ぎた日の夢のように。
みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・。
動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。
突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。
それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

作者不詳
翻訳者:いっけさん

いっけさんのサイトにはもう「1つの虹の橋」が載っていましたので、以下に載せます。

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

【追加】
上の記事を書いた後で、日本ドッグホーム協会が新しい声明を発表しました。これからが、一番我々の助けを必要とする時ですよね。オンライン寄付でき次第報告させていただきます!!


協会のワンにゃんちゃんの写真がいっぱい載ってます。

スポンサーサイト
我が家のスーパーマン
2006年04月25日 (火) 01:52 | 編集
あっ、我が家のスーパーマンだ。


superman2.jpg




おーい、スーパーマーン!




・・・・・・。




superman1.jpg




睨まれたで・・・


なんやねん、午前中は遊んで遊んでーっていってたやん。


superman3.jpg



なんや、舌出して寝てるやん。


superman4.jpg



悔しいから、凶悪な画像載せたる。

きっと皆のちゅーちゅーへのイメージ変わるぞ。





凶悪ちゅーちゅー。色々と自分の中でストーリーを想像しながら、遊んでいる様ですわ。





↑凶悪なちゅーちゅーにホレたあなた、どうぞ押しておくんなませ・・・
ちょっと休憩:最近のちゅーちゅー
2006年04月20日 (木) 01:02 | 編集
ちょっと休憩して・・・

muni.jpg

ちゅーちゅーさん、おねむの所すいません・・・

muni3.jpg



母「えっと、昨日の事なんですけど、ちゅーちゅーさん。」


母「半目でお顔ぴくぴくさせながら寝てましたよう。お目目も白黒してましたぞ。」







muni2.jpg


ちゅーちゅー「・・・・撮ったの?。」

母「ハイ。」


えらいリラックスしてたよ。


muni4.jpg


寝てるときのちゅーちゅーは可愛くて可愛くて。

ちゅーちゅーの背中などをがじがじ噛んでしまう母であった。

↑もちろんかるーくね。



↑きゃー!ランキングですわ。プチって押しておくんなませ。
ポートランドはすんばらしい:パート2
2006年04月15日 (土) 12:58 | 編集
【ワシントン公園の続き】

ワシントン公園の芝生ってホントに緑!
バッファローの芝生はこんなに緑だったかな?

ハッスルするちゅーちゅーと父。
portlandday3_7.jpg

ちゅーちゅーはあんまりノリノリじゃーないな。無理やりかい?



portlandday3_6.jpg

モモ太郎(ちゅーちゅー)竹登ってる?えっほ、えっほ。



ホテルの近くにあった日本食レストラン「がやがや」にて夕食!
きゃー、寿司よ寿司!

日本食さいこー!


↓私はこれを、
portlandday3_1.jpg




↓父はこれを食べました。
portlandday3_2.jpg


portlandday3_3.jpg


portlandday3_4.jpg


後はパール地区をぶらぶら。
アーバンな感じでしたよ。

portlandday3_5.jpg



明日はポートランド動物園に行きます。
うっほーい!



↑きゃー!ランキングですわ。プチって押しておくんなませ。
ポートランドはすんばらしい!
2006年04月14日 (金) 03:50 | 編集
いやはや、ポートランド、そしてニューメキシコ州アルバカーキーの旅から無事帰ってきました。

ポートランドはほんとにすんばらしかったです。
綺麗な並木道。
美しい自然とちょうどいい都会が混ざった感じ。

飛行機を2回も乗り換えてホテルに辿り着いたちゅーちゅーはさすがにお疲れな様子。父ちゃんの足の上でぐたーっと寝ていました。

portlandday2.jpg


次の日から色々なところに足を運んできましたよ。

portlandday2_3.jpg

ちゅーちゅーは歩いたり、疲れて運ばれたり↑。

まず足を運んだのは、有名なローズガーデンや、日本庭園のあるワシントンパークの辺り。見事な桜があちらこちらに咲き誇り、桜が大好きなわたしは、んまー!あはー!と感激。

portlandday2_5.jpg

いやん、すごい可愛いわ、ちゅーちゅー (←あほ)

portlandday2_4.jpg

アメリカ生まれのアメリカ育ちやねんけど、こうやって見ると
我が息子もなかなか「和風」だわ。(←おおばか)


portlandday2_6.jpg

・・・さて、ちゅーちゅーを連れていざ日本庭園へ!





・・・・・。


犬はだめなんですって。

キャリーバッグに入ってもだめやって。

はなから入庭禁止。

仕方ないし、くやしいので(歩いて急な坂道をいっぱい登ったんじゃー。)手前の日本ちっくなところでお写真。


portlandday2_7.jpg




portlandday2_8.jpg


そんなこんなでも、ポートランドに、久しぶりの都会に浮かれるちゅーちゅーの母。

あー、ちゅーちゅー楽しかったねー。
といいたいところなんですが、
実は旅行3日目にして、

ちゅーちゅー下痢、下痢、そして下痢。
しかも次の日はニューメキシコ州へ移動の日。
もう涙ちょちょぎれるくらい心配しました。
その事は後にまた書きますね。

あっ、でもちゅーちゅー今は全然元気ですから、
心配しないでね。





↑ちゅーちゅーの事好きなあなた、ぷりっとおしてね。




いざ、ポートランド:飛行機
2006年04月06日 (木) 13:26 | 編集
みなしゃん、ポートランドからこんにちわ~!
ちゅーちゅー家、無事にバラの街オレゴン州はポートランドに到着しました。

ちゅーちゅーも、疲れただろうけど、私が想像していたよりぜんぜん平気でした。

朝7時に家を出発:
portlandday1.jpg



確か飛行機の乗り換えがあるといいましたよね?
アトランタで一回乗り換える予定だったのですが、
飛行機会社の予定変更で、乗り換えがもう一回増えたんですー(涙)日本にでも帰るのか?っていう乗り換え量ですよね。

ちゅーちゅーは私達の心配をよそに、一度も「文句鳴き」をせず、ずーっとキャリーバッグの中でおとなしくしてくれていました。キャリーバッグには、ちゅーちゅーがいつも使っているタオル、お気に入りのオモチャなどをいれておきました。

私達のバッグのサイズは高さが約28cm、横幅が約25cm、長さが約45cm(11x10x17.5インチ)くらい。座席の下は思ったより小さかったので、ソフトキャリーにしてよかったと思います。これから機内でワンちゃんと旅行する人には絶対おすすめやね。

portlandday1_4.jpg


離陸、着陸の時以外は、キャリーバッグを膝の上に乗せて、手をバッグの中に入れて、なでなでしていました。飛行機の中がちょっと暑くなっていたので、大丈夫かなーと心配しましたが、たまに扇いでやったりして。


portlandday1_3.jpg


最初の飛行機が飛び立つ前に、荷物を入れているのを窓越しに見ていたら、カーゴに入るワンちゃん達が見えました。

小さい方がコッカースパニエルで大きいケージの方がゴールデンレトリバーだと思います。あんまりよく見えないけどカメラで撮ってみました。無事についてくれたかな~?

portlandday1_5.jpg


そんなこんなで待ち時間等もいれてトータルの旅行時間は12、3時間!あー、疲れたよ。

そんなポートランドの第一印象。

さーいーこー!!

学生時代にボストンに住んでたんですが、感じがなんとなーく似てるような気が・・・

今はあちらこちらに桜の木が咲き、大変住み心地のよさそうな街ですね。着いたその日はノースウエスト地区を軽く歩き回りました。おおおおおお!すてき。レストランやアパレルのお店が立ち並ぶすてきな場所でした。

デザートが有名だというレストラン「PAPA HAYDN」にて夕食。そして美味しいケーキをいただきました。

あまりにもうまくて、肝心なケーキの写真撮るの忘れた・・・

私の頂いたケーキ「Boccone Dolce」はこれです。←リストから探してね。

うめーー!!

portlandday1_2.jpg



明日はポートランド観光のお話しますね。

それでは、素敵な街ポートランドからまったねー!
旅行前夜
2006年04月04日 (火) 10:28 | 編集
明日は遂にオレゴン州ポートランドへの旅行へ出発!
荷造りは一通りすんだので、ちゅーちゅーと父さんは
二人仲良く「フレンズ」の再放送を見てます。

friends.jpg


私はもちろんブログの更新。

明日は飛行機二回も乗り換え。
ちゅーちゅー、大丈夫かしら?

その模様はまたポートランドからお伝えいたします。
それまで皆さん、まったね!

ちゅーちゅー一家より
日曜日♪
2006年04月03日 (月) 12:32 | 編集
ポートランドへのバケーションまであと2日というそんな日曜日:

ohirune1.jpg





ohirune2.jpg





ohirune3.jpg





ohirune4.jpg





ohirune5.jpg





ohirune6.jpg





ohirune7.jpg






ohirune8.jpg



くそ、またしても見せつけられた。

父ちゃんのお顔にキスするときと母ちゃんのお顔にキスするときの尻尾の振り具合、ちょっと違うくないですか?




↑ランキングよろしくお願いしますぅぅぅぅ。プチって押してね。
追跡レポ!ちゅーちゅーの一日
2006年04月02日 (日) 13:27 | 編集
ちゅーちゅーの今日のスケジュール:


schedule.jpg




schedule2.jpg




schedule4.jpg




schedule3.jpg




schedule5.jpg




終了後・・・




schedule6.jpg





schedule7.jpg





schedule8.jpg
すんごい安上がりのおもちゃだな。


またお昼眠。

母>えっ?また?



終了後、そのままシャワーに直行して、次の仕事先へ・・・





schedule10.jpg





午後九時に終了して・・・





schedule9.jpg
美貌の秘訣は?  必ず16時間睡眠を心がけてます。




母>むっかーっ!






↑むっかーと一発よろしくお願いしますぅぅぅ。プチって押してね。
ちゅーちゅーをさがせ!
2006年04月01日 (土) 11:24 | 編集
ちょっと悲しいお話が続いていましたが、
今日はちゅーちゅーのお話をしましょう。

ずばり、ちゅーちゅーをさがせ!

下の写真を見てくらさい。
ちゅーちゅーが見つかるかな?


sagase.jpg

んー、どこだ、どこだ?

じゃ、もうちょっと接近してみましょう。
これでどうじゃ?

sagase2.jpg

およよ!?



見つかった・・・?


昨日、お友達が忙しい合間をぬって遊びに来てくれました。

その日のバッファローは春めいて、ポカポカして気持ちよかったので、散歩がてら、近所のマーケットでお昼のサンドイッチを買いにいきました。


osoto2.jpg





お友達のMちゃんとポーズをとるちゅーちゅー。
osoto.jpg





↑きゃー!ランキングですわ。プチって押しておくんなませ。
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。