ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オレゴン動物愛護協会
2007年01月06日 (土) 07:47 | 編集
日本は正月ムードたっぷり残っているんでしょうね。

こちら(オレゴン州、ポートランド)はお正月ムード一切なしっ!

あー、日本の正月恋しいぜ。


さて、突然ですが、父ちゃん&母ちゃんオレゴン州動物愛護協会(Oregon Humaine Society)に行って参りました。


えっ?新しいワンコを迎えるの?


ちゃうちゃう。

ちゅーちゅーの病気が解決するまで、金銭的にムリですな。
オホホ。なんせ、ちゅーちゅー一家金持ちざんすから。

今回は見学のみ・・・。


ohs1.jpg



ohs2.jpg


これ見てつくづく思いました。


日本にもこういうのがあったら素晴らしいなーと。


ohs3.jpg



ohs4.jpg




そこで母は、「なんでこんなに差があるんやろう・・・」と考えてみました。


その1つとして上げられる原因として、こちらの愛護団体(西洋のといった方が正確かな)は、マーケティングが上手。



「貴女の愛を分けあおう!」



「(寄付する事によって)愛を感じよう・・・」




などのスローガンや、寄付を得るための方法などが、非常にナチュラルに表示されている。

決して、「どうぞ皆様、可哀想なこの子達に貴女様の貴重なお時間とお金を寄付してくださいませ・・・。」というモノの言い方ではない。


↑なんでその言い方に問題があるかのように言うの?

こういう言い方は、無意識のうちにも、寄付する人に「~してやっている。」という勘違いをさせると可能性もあると思うんです。そう思わない?私は個人的にそう思います。

その結果、「そんな金の使い方するなら、寄付金かえせ!」とか「あまった寄付金返せ!」とかいう事になるのでは?

あまった寄付金でその団体の他の動物達を助けて、なんであかんのじゃ!?

愛護団体でのお金の貯金はあれば、あるほどいい、というより必要。今回問題の動物達を救って終わりではない。まだ他に将来にある動物達を救う為にお金はいつでも使えるんです。

↑あっ、これは余談です。鼻息荒くなってきたので、止めておきます。


逆に、「寄付する事は素敵な事だ、皆で助けようじゃないか!」というような言い方だともっとやる気になりませんか?母は単純。


ohs5.jpg
にゃんこのお部屋はどれも清潔で、快適そう・・・。ディスプレイもめちゃめちゃ可愛い!にゃーお♪


寄付する人に寄付させやすく、させたくさせる術がマーケティング。これをうまく使えば、人々の意識を変え、尚且つ教育、そして向上してゆくこともできますよね。



ohs6.jpg
この三毛猫さん、めっちゃかわええ。日本猫なので、アメリカで日本人を見かけた時に感じる親近感を覚えました。



ohs7.jpg
でも父ちゃん&母ちゃんにゃんこも大好きよ。



ohs8.jpg
な、なんてヒップなんだ!




以下が日本の愛護団体もできるマーケティング方法:

寄付にも色々な方法がありますよ♪自分に合う方法を選べます。

1.
毎月自動的に支払われるシステム。いくら支払うかは個人が決めます。大体一ヶ月に2千円位が多いんではないでしょうか?


ohs9.jpg
わんこのの部屋も清潔でそれなりのスペースがありました。


2.今は亡き愛犬猫、人にの名の元に捧げられる寄付。


ohs10.jpg




3.バレンタインなどのプレゼントとして、相手の名前の元に寄付をする(それが相手へのプレゼントとなる。素敵だ!)。うちでもバレンタインにそれを相手にプレゼントしたよ。



ohs11.jpg
それぞれの檻の前に各わんこちゃんの紹介文章が貼り付けてあります。


4.特定の犬(特に残念ながら、攻撃的で里子に出せない場合の子達)のバーチャル里親になる。つまりその子に毎月(または一回)いくらかの寄付をする。


5.自分の死後、資産の一部を寄付する。


ohs12.jpg
ぷりぷりのビーグルちゃん。いいお家を見つけてね。


6.メンバーになる。毎年それぞれが払える金額を支払います(3000円、8000円、1万円、5万円、10万円などなど、払える金額を毎年支払う)。メンバーは毎年何回か発行される雑誌の講読、愛護協会のお店での商品が10%オフ、愛護協会でのイベントの報告、動物を助けているという満足感が得られます。


7.あなたの働いている会社や同僚に強力してもらう。
募金箱をおく、会社にスポンサーになってもらう、会社内で集めた募金と同額の募金を会社に合わせてもらうなどなど。

ohs13.jpg
んぎゃー!子犬ちゃんさわったのひーさーしーぶーりー!


8.フレンズ・フォーエバー・プログラム:
貴女が死んでしまった後の貴女の動物のお世話受け持ち。
フレンズ・フォーエバー・プログラムに入会し、団体に寄付する事によって、貴女が死んでしまった後に、貴女の愛する動物達のお世話をし、里親探しをしてくれる約束ができます。


9.いらない車を寄付する。
寄付された車はオークションで販売され、その寄付金が愛護団体に入ります。(オレゴン愛護団体では一年間に3千5百万円!の収入があるそうです。


ohs14.jpg



他にもいいアイディアは沢山ありますが、大体こんな感じ。
これも全てマーケティングアイデア。

ここからちょっと「説教チック」になっちゃうけど・・・。

ちなみにアメリカの愛護団体では、動物を引き取ると決めた人(飼い主になる人)はその子の受け渡し手続きをした時点で、愛護団体に約5千円から数万円のお金を支払います(その子によって違います)。このお金はまた他の動物達への救済費用になる訳です。愛護団体はこうして引き続き運営されているんですね。このお金も払えないという状況にいる人は、飼い主になるべきではありませんね。一時の感情にながされて、結局その子を手放さなくてはならなくなった、という事にならないように慎重に考えないといけませんね。


えらそうな事いって・・・はい、母ちゃんも自分の言った事を心にしっかりも留めておきます。

この情報が皆さんの意識を変えたり、向上してもらうきっかけになったりすればいいなー。




↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!



スポンサーサイト
コメントありがとさんっ!
▼この記事へのコメント
母ちゃんこんにちは!本当に素晴らしいですね!日本との意識の違いの差がまず建物やケアの面で思い知らされました。
本当にそちらは弱者ほど助けるのが当然!って意識が誰からとも無く自然にできる事が凄いと思います。日本もどんどん意識を変えなければって思い知らされます。
2007/01/06(土) 12:09 | URL | マハママ #-[編集]
日本も年々お正月らしさが消えてきています。(特に我が家・・・汗)

動物愛護協会、すごいですねぇ。
日本も、アメリカのこういう良いところをどんどん、取り入れるべきですね!
寄付の仕方も、選べるんですね。
こういう方法であれば無理なく、してやってる!ではなくほんとうに「寄付することは素敵なことだぁ♪」となりますもんね。
日本では寄付の使い道がどうとか着服してんじゃないのか・・・という方向になってしまうのが残念です。
私は5番の寄付だけは無理だけど・・・アイディア次第でこんなに楽しい寄付ができるんですね。
ほんとうに素敵です☆
日本も変えていかなちゃ・・・ですね。

えっ!今度は大阪でレスキューですか?
さっそく、wan lifeさんに行ってみます。
2007/01/06(土) 13:20 | URL | fuku #-[編集]
はじめまして
いつも、ちゅーちゅー見に来ています。ちゅーちゅーカワイイ!名前も変わってて、すごく似合ってる♪
アメリカは、嫌いなところもたくさんあるけど、見習うべき点はもっと多い国だと思いました。ねこちゃんたちが、おうちに飼われるまで、あんなシャレたお部屋を用意するなんて粋ですね~~なんだかうれしくなってしまいました!
私は、募金よりも洗剤やタオルを寄付してきましたが団体が本当に欲しいのは現金なんでしょうね・・・
今度は現金にしようと思います。

私も早く就職して、毎月いくらか出したいです。

この間、日本では崖から落ちそうになってたわんちゃんが報道されてから、少しは保健所などで保護されている犬のことも話題にはなりましたけど、もっと前からアピールできたんじゃないのかと思います。

ペットショップで値段をつけられてるわんちゃんも、なんだかかわいそう。
犬を飼うのも免許みたいのあればいいのに!
真夏に服着せられたMダックスが渋谷を歩かされているのは、訳わからん!

なんだか支離滅裂でごめんなさい。興奮してしまいました・・・
またコメントしますね!
2007/01/06(土) 17:21 | URL | ゆ~な #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/06(土) 17:29 | | #[編集]
アメリカってすごい!
アニマルパトロールとか、スゴイスゴイとは聞いていましたが・・・
建物もカッコイイし、中も清潔そう! 日本のペットショップですら(商売なのに・・・)かなわないッ!ってカンジですねぇ。

最近の「寄付金余ったなら返せ」と言うニュース、私も本当にオカシイと思いました。。。

父ちゃんの『幸せになってね』に私も同感!!
そこに居られる事で、生きるチャンスを掴んだ子達。そのチャンスを活かす手伝いをしたいと思いました。
2007/01/06(土) 20:10 | URL | ポル母 #-[編集]
すごい!
綺麗です!

ねこちゃんのお部屋には感動です!
2007/01/06(土) 20:50 | URL | Pandachan #.ciQz8fI[編集]
待ってました~!
このところ、もやもやしてました・・。日本の動物愛護意識の停滞に・・。でも、ちゅーちゅーかーさんの記事、わ~、頭すっきり気持ちすっきり、我が意を得たり!!、とはこのことですよ。アメリカのヒューメインソサエティー、噂には聞いてたけど、実際写真を見ると、羨ましいを通り越して、なんか言葉が出ない・・。いや、やっぱり羨ましい^^。

ドッグパークの一件以来目覚めて、地元の愛護団体に入って活動しています。ちゅーちゅーかーさんのコメントとっても刺激的かつお役立ち情報ですよ。仲間にも紹介させてくださいね。ほんと、このブログに巡り会えてよかった^^。

あ、そうそう私、だいぶ前に家族で一年くらい、ポートランドに住んでたんですよ。いまのポートランドのリアルタイム情報、とっても楽しみです。これからも応援してますよー。


2007/01/06(土) 21:58 | URL | 2にゃンの母 #-[編集]
はじめまして。
毎度読み逃げでした。
本日のブログには、もう、拍手ぱちぱちぱち!思わずコメントさせていただきます。

我が家の老犬も、「もう飼えないから保健所に連れて行く」と言われてしまった犬。引き取ってちょうど丸4年になります。引き取ってみれば病気のデパート。病院通いの連続です。
でも、ひとつずつ治していき(ひとつ治ると別の病気が出ちゃう、というアンバイなんだけど)、そのうちに顔つきが可愛らしくなり(じーさん犬のくせに)、今では老ビーグルのでん吉が来る前、どうやって暮らしていたのか思い出せないぐらいです。

どういう事情だかわからないけれど、でん吉のように捨てられてしまう犬はいる。我が家でもとりあえずでん吉は引き取れたけれど、こういう犬はまだまだいる。この頃、自分にもできることはないかと、真剣に思うようになりました。
組織的に日本の捨て犬事情も変えたいものです。とりあえずは、我が家ができることを急いで考え、何か行動に移そう。それを今年の目標にします。背中を押してくださった本日のお話に、改めて拍手ぱちぱち!
2007/01/06(土) 23:30 | URL | でん吉ママ #06ac9YM2[編集]
カンザス州も、今だクリスマスの残りカス(カス言うな)しか漂っていない雰囲気でまんまんです。

寄付金返せ・・?と言う人がいたんですねぇ・・。どうしてそういう事言い出せるのかがちっとも分からないし分かりたくもないですな。

アメリカの愛護団体のマーケティング力は凄いと思います。皆が楽しめ自然に寄付しようと思える気持ちを作るのがとても上手だと思います。

最近また佐賀県と大阪府でも繁殖場が崩壊したみたいですね。心が辛くなる出来事ばかりです。そういう事がなくなれば良いのに。そう思わずにはいられません
2007/01/07(日) 08:19 | URL | 犬子 #ioPfNrnk[編集]
おお~っ!
なんて素敵なのでしょう。ちょっとびっくり。
確かに寄付の意識違ってくると思います。
2007/01/07(日) 20:08 | URL | naoぴ #SFo5/nok[編集]
アメリカの動物愛護協会の情報やちゅーちゅー母の切なる願い大いに伝わります。
みなさんのコメントも温かくてうれしいですね。
私も微力ながら日本の流通が見直されるよう、病気のわんこが増えないよう運動し続けたいです。
2007/01/08(月) 01:09 | URL | SAKICO #F5Tx.MT2[編集]
日本の・・・レベルの低さを痛感!
そして、人間の意識も低いきがするなぁ。。。
イイ事はすぐ、取り入れて見習えばいいのに。
どうしたらいいのかなぁ・・・考えなくっちゃ!
2007/01/08(月) 01:11 | URL | ねずねず #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/08(月) 02:49 | | #[編集]
新年いかがお過ごしでしょうか?
進んでますよね、アメリカって。
私も謙虚な気持ちで常々生きたいと思っています。
ちゅーちゅー母さん、いつも前向きで素敵ですね。
今年もどうぞ宜しくお願いします。
2007/01/08(月) 14:33 | URL | しげちゃん #-[編集]
よく言って下さった!
ども!
やはり海外の施設は進んでますねぇ。なにより明るい雰囲気がいいのではないでしょうか?日本だとなんか触れてはいけないみたいな感じで施設内にマスコミが入ることが少なく、一般の人が目を向けることがあまりないですからねえ・・・。
見習わなくてはならない点がたくさんあると思います。

今回の母さまの「余ったお金で別の動物を助けて何が悪い」と言う発言、まさしく同意見です!救わなければならない命に重いも軽いもないのですから!!
2007/01/08(月) 16:21 | URL | ぴか #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/09(火) 02:00 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/09(火) 07:35 | | #[編集]
Pasado's
Pasado's safe Haven のウエブアドレスはここでした。失礼! www.pasadosafehaven.org/
2007/01/09(火) 07:40 | URL | ルアナ #-[編集]
アメリカの愛護団体のマーケティング、素晴らしいですね!
こんなにたくさん寄付の方法があるなんて知りませんでした。
日本もこうやって上手にマーケティングができたらもっと寄付したい!という人が増えるのに~・・・

施設のワンコやにゃんこのディスプレイ素敵ですね♪
本当に日本にもこういう施設を作って欲しいです~

ちゅーちゅーの母さん、いつも良い情報ありがとうございます。
本当に勉強になります。
考え方もしっかり書かれていて、いつも「そうそう!」と思いながら読んでいますよ(笑)

2007/01/09(火) 14:25 | URL | フラママ #0ecWsDRU[編集]
はじめまして。いつも楽しく読み逃げしてます。
ホントにすばらしい施設ですね。
日本も先進国らしく早く追いついてもらいたいものです。
ここ、上海(中国)はもっと遅れちゃっていますが。。。
ちゅーちゅー母さんの考え方&生き方が大すきです!
2007/01/10(水) 00:01 | URL | たけうさ #sq/UIalg[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/13(土) 13:42 | | #[編集]
▼コメント気軽に書いてねぇ!
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/08/12(日) 12:09 |
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。