ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
根本は何なのかを考えよう
2007年02月17日 (土) 05:00 | 編集
大阪のブルセラ病問題  -- またたび獣医師団のブログによると現在も悲惨な状態は続き、原因不明で現場の子達が次々と死んでいるようです。


ワンライフ、またたび獣医師団、アークエンジェルスなど、出来る限りの協力を得てこの犬達を助けるには、皆さん(私達)の力が必要です。


さて、このところ目につき、気になる事があります。それは、広島ドッグパークの問題で有名になった愛護団体アークエンジェルスがこのレスキューに関与する事に対する不満の声。最近では彼らへの疑問を追及するブログも何個か見かけるようになりました。



それらのブログさん達は、以前に「ムーブ」に大きく報道された某レスキュー団体への疑問やら、寄付返せキャンペーンやらをしておられる訳です。


よーく考えてください。


お金返して欲しいのなら、返してもらえばいい。



私の疑問はそこにはありません。



その最終目的(ゴール)、または影響力を考えた事はありますか?




こういう事を書く事によって愛護団体への不信感を募らせるお手伝いをしているのでは?


こういう事書いて、何になるの?ブルセラ病の犬達は救えるの?その他次々と持ち込まれるレスキュー活動への手助けはどうなるの?



結果は何?



愛護団体たたきの方ばっかりに集中させて、一番大切な部分「動物達を救う事。」から話をそらせているのでは?




ホントに真意で動物達を救いたいのなら、もっと違うところを突くべきなのでは?



見ていて本当に哀しくもあり、情けなくもあり。



文句を言うのは簡単です。



自分の理想を相手の愛護団体に押し付けるのも簡単。




「ボランティア活動をする時や、寄付をする人で、こまごましたところに文句をいう人の中にはエゴでやっている人が多い。」というのが私の見解です。そりゃ、物事は白黒ってはっきり言う事できないので、全てが全てという事ではありませんが。


以前も言ったかもしれませんが、ボランティアをするという事は、「尊い事」「素敵な事」「美しい事」である前に、人間として当たり前の「義務」だという根本的な認識が欠けている人は、↑で延べたようなブログを作るのかなー、なんて思います。


ボランティアをする理由は自分の為でもいいんです。自分がボランティアすることによって、「救われる」からというのでもいいんです。基本は皆そうではないでしょうか?


このブログをアップするかしないかについては、以前からよーーーーく考えての結果です。色々なご意見があるでしょうが、私なりに、冷静に、公平に判断して到達した私の意見です。


今助けが必要な子達が沢山いる中、ホントに必要な事は何か?今するべきことは何なのか、という事を考えるきっかけになれば、と思っています。


私は、正義の人になるつもりもないし、褒められたり、他の人にケンカを売りたくてコレを書いてる訳ではありません。私がコレを書く目的はアイデアの提供です。そこから皆さんに「深く考えて」もらいたいから。ここまで仲良くしてくれた皆さんの中にも、私のブログを読んで反論したくなる人もいるでしょう。私も白黒はっきりと書ける問題ではない事も分かっているし、それぞれの言い分があるだろうという事も分かっています(が、書いてるときりがない)。このブログを始めてよかったことだらけです。出来るだけ皆さんの反感を買いたくない、友達でいられなくなるのは寂しい、批判を受けるのもいい気はしない、そういう気持ちがあるのも真実です。でも私は「それよりも大切な事がある。」と思っています。それは一体何なのか?「批判する事?」それとも今にも消えそうになっている「命を助ける事?」答えは皆さんの心の中にあるはずです。(←映画の台詞のようですが、ほんとよ。)





↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!



スポンサーサイト
コメントありがとさんっ!
▼この記事へのコメント
そうそう
私も、ちゅーちゅーの母さんと同じく、某愛護団体へ対するブログが目に付いて(鼻について)いました。

失業中で、かつ労働中も金がなく、何をした訳でもない私に何が言えないでしょうが、一つ某ブログを一度だけ拝読しての感想は

「これなんの為のブログ??」

重箱の隅を突いた様なネタを掘り出しては、批判しているけれど、この人達は愛護活動に何をしたのかしら。お金返せって言うなら最初から寄付なんてしなければいいのに。予算案がキチンと計算に合わないとかそういう事突く前に出来る事あるんじゃないのかしら、この人。とかも思っていました。

つまりムカムカしていました。でも母さんが記事にしてください、「そーだよ。そうそう」と言う事が出来て嬉しいです。感謝

(優しいメールにも感謝)
2007/02/17(土) 07:30 | URL | 犬子(@犬養分) #ioPfNrnk[編集]
毎日ちゅーちゅーのブログは楽しみに見ていました。コメントは書かないんですが、今日は書きました。今、問題になってるブルセラ症のワンちゃん達の件、私はAAが協力した事に対してすごく嬉しかったんです。私も広島の時に会社ぐるみで寄付はしましたが、払い戻しはせず、今でも寄付した事に後悔はぜんぜんありません。あの時、たくさんの物資や寄付が集まった事にも喜びを感じました。「たくさんの優しさが集まればこんなにすごい力になる」と。ところが、本来の「動物愛護」の問題から、資金の方に世間の注目が行ってしまい・・・今度はとても悲しくなりました。そしてAAが大阪の動物管理センターから犬達の受け入れを拒否された事に怒りを覚えました。結局人間のしがらみで動物達が犠牲になってしまう?何かがおかしいとずっと思ってました。だから今回のブルセラの件で、動物愛護団体同士も、ボランティアの皆様も、ちゅーちゅーの母様のようにブログで訴えている皆様も、気になって毎日見てる方々も一つになって「命」を救う事が出来たらいいなと思ってます。私達がいさかいを起こすと犠牲になるのは結局、何の罪もない動物達なんですよね。「冷静に考えたら処分も仕方ないのでは?」とブログに書かれてる方も何人か出てきましたけど、私は一愛犬家として、あきらめないで最後まで抵抗したいです。なんだか興奮コメントになってしまって申し訳ありません。私のコメントは消してもらって構いません。ちゅーちゅーの母様の意見にすごく同感したのでコメントさせていただきました。
2007/02/17(土) 10:59 | URL | ばあじゅうです #-[編集]
伝わります
私は正直ちゅーちゅーの母とプライベートでも仲良しです。
でもそういう先入観は抜きにして、この記事を書くにはすごく勇気が必要だったと思います。
なぜならこの記事を見て胸に思うところがある人間がいるからです。
補足するわけではありませんが自分の意見として書かせて下さい。
重要なのは愛護団体を批判している時間はないという事です。
ちゅーちゅーの母が言いたい事はただひとつ、消えていく命を目の前にして「なにができるか」という事。
そしてどうすれば虐待をなくせるかという事ではないでしょうか?
そもそも私は何の罪もない尊敬すべき犬たちをこんな目に合わせた人間がピックアップされない事がおかしいと常々思います。
広島や大阪以外にもたくさんの悲しい状況があります。
心に訴えても弱いものいじめをするなら法律を改正するしかないと思います。
命を粗末にしたら罰せられるんです。
なぜなら人間は犬より偉くなんかないからです!
それなのにどうして犬は人間を責めないで人間を愛し続けてくれるか考えました。
自分を含める人間に「くりかえさない」事を教えてくれているのではないでしょうか?
ちゅーちゅーの母も訴えていますが、ブロガーとして、同じ労力を使うなら“救う提案”“くりかさない提案”をしてほしいと願います。
2007/02/17(土) 12:23 | URL | SAKICO #F5Tx.MT2[編集]
いつも読み逃げでしたが、今日はちょっとコメントを。
AAさんの寄付金横領記事が出たとき「シアワセになったワンコがいっぱいいるっちゃけんべつにいいやん」と心の中で思ってました。
細かいことは次々出てきましたが、私の中の基本は一匹でも多くのワンコがシアワセになってくれることなんです。
現場に行ってお世話されたボランティアさんもこの子達を救ってあげたいシアワセにしてあげたいの気持ちで動いていらっしゃったんだと思います。それでいいじゃないですか。それが一番じゃないですか。そこをまっすぐ見ていきましょうよ。

私はワンライフさんの活動をこっそり応援しています。ほんのわずかですが寄付もしています。
だけどそのお金をどう使ってもらおうがかまわないと思ってます。
極端な話し疲れた体を癒す足つぼマッサージに行ってもらってもぜんぜんかまいません。だってたくさんのワンコのために戦ってくれてるんですから。

なんだか話しがそれてしまいましたが、とにかく「命を助けること」これが基本なんです。
今いろいろなところから小さな力が集まってきていますよね。私もその中のひとつになりたいです。

ちゅーちゅーのお母様、ずっともやもやしていた胸のうち吐き出させてくれてありがとう。(文章が下手でうまく伝わらないのがもどかしい・・・)
今日もちゅーちゅーがシアワセに過ごせますように。
2007/02/17(土) 12:28 | URL | 九州わんこ #-[編集]
私も!!!!!!
ちゅーちゅー母さんと同じ意見です!!
批判批評してる方が、実際一匹でもワンを救ったのでしょうか?

「命を助ける」これが基本!
てか、これ以外、正直どうでもいい!!

今回は特に行政が絡む事件です。
陽性犬は殺処分しなければならないということが行政によって認められたら、将来、私たちの愛するワンコまで影響を及ぼすかもしれない。

AA団体さんは、行政とうまくやりあってくれそうで、正直心強く思いました。それに、今後のコトを考えると、支援金もありがたいし。
これを機に、愛護団体全体が手を結んでくれるようになればいいな、と思いました。

ちゅーちゅー母さんの呼びかけに、目覚めてくれる方がいますように。。。。
2007/02/17(土) 15:34 | URL | しゃぁぼう #KGmS39Z.[編集]
何度もチャレンジしてみたのですが、書きたいことがたくさんあって、上手くまとめる事が出来ません。
だからこれだけ
ちゅーちゅー母さんのブログで教えてもらうこともあって、これからも仲良くしていきたいなぁと、今日なおさら思いました。


2007/02/17(土) 18:13 | URL | bonny #-[編集]
こら14829あいろ愛護活動は人が行うもので
人と人との信頼関係が無ければ
長続きしません
その場限りの花火のような活動をするのであれば
それでもいいと思うのですが
長期持続する愛護活動をするのであれば
信頼関係を取り戻すべき某団体さんも
きっちりとした形で姿勢を示すべきでしょうね
愛犬家間の仲良しグループだけで終わる活動で無く
動物愛護に無関心な人達にも理解をしてもらい輪を広げるためにも
2007/02/17(土) 18:30 | URL | ロックン #h7L7Boao[編集]
ちゅーちゅー母さんと同じ意見です。
批判とかする前に、もっと大切なことがあるだろが!
(ノ ̄д ̄)ノ :・’.::・>+○┏┛焼却炉┗┓
と、思いたくなるものが多すぎです。
お金うんぬんの前に、もっと「命」ってものを前提において考えてほしいですよね!
2007/02/17(土) 21:10 | URL | まゆ #mQop/nM.[編集]
私も、批判ばっかりしているブログが不愉快でした。皮肉や、自らの計算結果を「どーよコレ」みたいに書かれても。。。
犬の事好きな感じは全くしなかったし。
でも今回のことだけじゃなく、寄付はやっぱりちゃんと使い道を世間から見えるようにしておくことも必要なんだろうとは思います。
私、「お金返して!」って言う人の気持ちもわかるんです・・・
ただ、ちゅーちゅーのママさんがおっしゃっていることが一番大切なのも理解してます。
今救える命必死でなんとかしつつ、
ちゃんとした金銭管理体系ができたら一番ですよね?


2007/02/17(土) 22:04 | URL | わん子 #-[編集]
私もそういった類のものを見たことがあります。
ちゅーちゅー母さんの言ったとおり、読んでいると哀しくなるばかりでした。
人の非難をする暇があるのなら、もっと辛い思いをしている動物たちに目を向け、訴えていくべきです。
と、いうよりそんなことをしている暇はないと思うのですが・・・
2007/02/17(土) 22:06 | URL | ariane #-[編集]
はじめまして!
SAKICOさんのブログから、飛んできました♪実は以前からこっそりと読ませて頂いておりましたo(〃^▽^〃)o

今日の記事、ほんと勇気を出して取り上げてくれてありがとう!っと思いました!!
私もずっとずっと不満に思ってました。
ただ叩いたり、不満を言うのは簡単ですが広島ドッグパークのような現場に真っ先に駆けつけて活動するのはとっても難しい事だと思います。

不満を言う方たちにもそれなりに言い分はあるのかもしれないですが、アークエンジェルスさんのような行動力のある愛護団体が消えてしまわない事を祈るばかりです。

きっとまだまだ救いが必要な動物はいるでしょうから・・・

一番悔しいのは自分が何も出来ない事です。
でもせっかくのブログという場ですから、出来る限り精一杯「命の尊さ」だけは訴えていきたいと思っています。
2007/02/18(日) 00:07 | URL | emi #8hWlo2pY[編集]
批判ブログ・・・。見てないんですよねぇ・・・。
タイトルからしてフザけてて、広島のワンコ達を本気で心配した一人として、ちょっと耐えれません。
私は、今回のブルセラ病、正直に言うと怖く感じています。
やっぱり、感染は脅威です。
譲渡は怖い。でも、処分は反対。。。
応援はするけど・文句も言わないけど・・・意見も言えない。
中途半端な私です。。。
2007/02/18(日) 07:55 | URL | YUCCI #ZKEs3CJw[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/18(日) 11:11 | | #[編集]
ちゅーちゅー母さん、
いろいろと考えた末に書かれた記事だという事、とってもよくわかります。

気持ちが高ぶって、本来の目的とは違うことに終始してしまうのは、もったいないことですね。

皆さん、批判派も、賛成派も、熱い気持ちがあり、情報を集めたり発信したりする賢さもあり、行動力のある方たちなのですから・・・

どうか、相手を非難するだけでなく、相手の持っているものを良い方向へ導きあうところに力を注ぎましょう。そう思います。
2007/02/18(日) 14:57 | URL | janjin #TJul.Lmk[編集]
はじめまして
私も某ブログ見てみました…馬鹿な私には何を言わんとしてるのか理解不可能でした…私も某団体に寄付しましたがワンコ達の為に役に立ったはずと信じてるし、自己責任のうえで寄付したのだから返金して欲しいとは思ってないです。そんな事より今苦しんでるワンコ達の事が心配です。それに批判があるなら直接その団体に言えばいいのになぁと思ってます。
2007/02/19(月) 01:11 | URL | ピノ #yQGq1PJ2[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/02/19(月) 11:12 | | #[編集]
母さん、勇気あるよ!
書こうと思ってもやっぱりこういう記事は
少なからず批判があるからね・・・
色々言う人って、してやってる、お金を寄付してあげてるって
上から目線なんだと思うな。やってやってる!って。
善意から生まれる行為に結果として残念な気持ちは生まれないよ。
2007/02/19(月) 11:39 | URL | ねずねず #-[編集]
ほんとうに、そう思います。
ここで、皆、冷静になり、ちょっと考えてみると良いですよね。
自分たちは何をしようとしているのか?
犬や猫。。。を助けたい!から始まっているのではないでしょうか?
それがだんだん違う方向へ行ってしまうのは、残念なことです。
ちゅーちゅーの母さんの1月6日のエントリーにあった様に
「寄付することによって愛を感じよう!」と寄付していけば良いと思います。
まだまだ日本は「寄付してやってる」という人間が多いのでしょうかねぇ?
寄付したお金はどこのわんこであっても、わんこ関連で使ってくれればそれで構わないと思いますが・・・

寄付金で私腹を肥やす族が多いのも現実ではあるんですけどね。

兎に角、今助けられる命を助ける為にどうしたら良いか、知恵をしぼる事が先決ですよね。

私も微力ながら協力させていただきます。
2007/02/19(月) 12:01 | URL | fuku #-[編集]
ちゅーちゅー母さん。
すばらしい。本当にすばらしいコメントだと思います。

そうなんですよね。
重箱の隅を突付き出すと、必ず本筋から内容がずれてくる。
ずれているのに、その隅を突付き合って威嚇し合うことで、問題・現状をぼやかしてしまう。
批判している人の中で、その件名の根本にあるのは、何かがわかっている人はほぼいないと思います。


基本的に、ブログの読者は、書いているブログの方の日誌を見せていただいているだけであって、それに批判があるのなら、見なければいい、それだけの事だと思うんですよ。
だから、ちゅーちゅー母さんは、ご自分のブログなのだから、思ったことを感じたままに書いてよいと思います。

それにしても、良い内容でした♪
2007/02/19(月) 14:31 | URL | Q's Mom #-[編集]
★コメントありがとう
皆さんのコメント、意見、ウェブ拍手等ありがとう。こうしてみると同じように感じていた人も沢山いるんやな~と嬉しく思いました。荒らされるかなーなんて思いましたが、実際は皆さんとても礼儀正しかった事に感謝してます。私も皆さんが置かれているであろう色んな状況を想像した上で色々考えつつ、勉強させてもらってます。これもひとえに我がちゅーちゅーのお陰。そして先代犬や猫たちのお陰。今大阪の犬たちに朗報が流れ、良い結果を信じる事がなんてパワフルなのか、と嬉しく思います。

ありがとう。ありがとう。ありがとう!
2007/02/20(火) 02:47 | URL | ちゅーちゅーの母 #-[編集]
▼コメント気軽に書いてねぇ!
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。