ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も頑張ろうね!
2007年03月01日 (木) 02:23 | 編集
またたび獣医師団さんよりマスコミ各社へ向けて「大阪ブルセラ犬感染症報道についての御願い」が出されました。これを出来るだけ多くのマスコミに広げるお手伝いをして下さい。

海外にいる私にもできること、実際に役に立つ提案、考えてきました。

自分の感情、エゴ、こうなるべきであるという理想、それをちょと横においておいて、実際どうすればこの犬達を救えるのか?考えています。

私達「処分反対派」を見る一般の人達(特にブログなどを見ていない方々)は、「処分反対派」が単に感情によって動いているとお思いの方が多いような気がします。

私にはそうではないという事は分かっているのですが、一般の人々にはきっとそれが伝わっていないんです。私達は、ブルセラ病が治療可能という事を色々な資料を読んで知っているから反対しているのに、その事実がうまく伝わっていないのです。

私の知っている人の中にも、「愛護団体にいい感情を持っていなかった」と言う意見はありました。正直びっくりしましたが、テレビの偏った情報を見聞きし、インターネットで流れる沢山の情報を得てないので、仕方のないことかもしれません。

じゃあ、どうすればいいのだろう?

そのような人達に本当の事を分ってもらうために、今一番効果のある事は何なのか・・・。今私達が力を入れないといけない分野を私なりに考えてみました。


◆ブログを見ていない方々にブルセラ病の真実を知ってもらうこと(その情報の提供方法についてはマスコミにメールにて知らせるというのもありますが、もっと効果的な方法を思いつかれた方は教えてください)。

◆現在関与している愛護団体、またたび獣医団体さんらに現在ブルセラ病に掛かっている犬達を治療する手立て(金銭的、治療場所の確保などなど)が実際にあることを証明していただき、一般市民に理解を求める。


◆私達一般市民からの寄付も、沢山集まると私は思います。それを証明するのは難しいですが、このブログにコメントを入れてくれた人や訪問してくれた人達の数を見ると寄付への期待は高いですよね。


いいアイデアがある方、コメント欄にどんどん書いて下さい。

yo1.jpg



辛口やけど(うふふ)、おっしゃる事に賛成する事が多い若様のマミィさんのブログに新しい提案がありました:



若様の宝石箱(ちびプードルの日記)
http://diary.jp.aol.com/vmvthqnaq/

で、僕は皆さんに提案する。

大阪府は海外の姉妹都市にオフィスを持っているの。
海外からの圧力や抗議はそこに送ると良いんじゃないかな。

僕が住んでるカリフォルニアはね。。

Osaka Prefecturel Government
International Business Organization of Osaka, Inc.
California Office

  120 Montgomery St. #1401
San Francisco CA 94140
Tel : 415-288-3920
Fax : 415-288-3924
E-mail : ibocaj@osakafu.org

皆さん、アメリカのマスメディアや動物愛護団体へメールを送るのなら
是非、このアドレスに抗議文を送るようお願いしてください。



コメントより:

えなめんこさんからは以下のようなアイデアを頂きました。


こんばんは。大阪と姉妹都市のサンフランシスコの新聞社にメールする手もあると思います。ただ、文字制限(250字)と送信者の氏名、電話番号を記載しなければいけません。新聞社名は SF Chronicleです。 letters@sfchronicle.com 



▲この文字制限用に今までの英文を250文字以内に編集しました。コチラにメールを書かれる場合は以下の英文を使ってね。


Dear Editors of SF Chronicle,

*This message has been translated for Japanese people who can not speak or write English.

I am writing you because we desperately need your help. There are over 200 dogs (from puppy mills) in Osaka, Japan (Sister city to SF) that is facing extermination by the Osaka prefecture on Feb. 27th 7a.m. (Original planned date). Due to the strong resistance from the group of volunteers, animal rescue groups and volunteer veterinary doctors groups, Osaka prefecture postponed the extermination for today. Out of over 200 dogs that are in extremely poor conditions, more than 100 dogs have been infected by Brucella canis and that is the reason for extermination. Osaka prefecture has done nothing to save these dogs' lives or even separate these dogs that are infected and not-infected in the beginning and that created more infected dogs as a result. These dogs can be saved by appropriate treatment but nothing has been done.

There are couple of organizations in Japan that have been trying to save these dogs (and I believe they have capability of saving them), but Osaka prefecture has denied and ignored all of their attempts to help. We need to stop killing dogs that are treatable and we need your help to change their mind about this.

For your references:
http://www.bordercollierescue.org/Foriegn/Asia/Japanese%20Dogs.html

I sincerely hope that your organization can help to spread this message across the world. These dogs deserve a second chance.

Sincerely,
あなたの名前をアルファベットで書いてください。
電話番号を書いてください。



その他にも皆さんから頂いたアイデアをコチラに随時更新してゆきますので、またチェックしてください。




↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!

スポンサーサイト
コメントありがとさんっ!
▼この記事へのコメント
ちゅーちゅー母さんお疲れ様です。
冷静な目で見るのは大切な事ですよね。

実はちょうど昨日なちゅまるさんのブログに載せたコメントに同じような事を書いたので抜粋します。

***


世間的に、誤解が多いようで悲しいですね。

私達反対派を、「ただの(犬がかわいそうだと言う)感情論だけで、犬を生かそうとしている浅はかな考え。人間の命を最も最優先している行政に対しての非常識な考え」と言う捉え方が一部ありますね、非常に残念です。


冷静に考えて、この状況を正しく世間に伝えるには、
①「なちゅまるさんのブログ」
②「またたび獣医団のブログ」
③「ちゅーちゅー母ちゃんのブログ」
等、今回の流れ、及び正しいブルセラ病の見地が見えるものを、世間に伝えるべきだと思います。
つまり、皆さんがブログランキングで、できるだけこれらのブログが上位に食い込めるように、押し続ける事だと思います。

そうすれば、必ず、一般の人の目に留まる。
初めて、ここで初めて、「あれ?テレビの報道と違う。」「あれ?行政の提言と違う。」となります。
で、私たちの現在の働きが、「ただの感情論で無い。またブルセラ病の犬を処分するに値する明確な理由が無い」と言う事になります。
みなさんのご協力が必要だと思います。


***
と言う事で、読むたびにぽちっと1回押すのでは無く、読むたび、開くたびに100回位押す勢いが必要ですね(笑)。
2007/03/01(木) 07:09 | URL | Q's Mom #-[編集]
(冷やかしじゃないけど)姐さん英文書いてかっこいいよ!
私卒業してから英文と馴染みがなくって困っていますよ。英会話を脊髄反射だけで行って生きているから今後の英語力を考えると怖いわ。

さて(まじめに戻ります)、日本の(遅れた)行政に頼るのはダメっぽいので、大阪の姉妹都市や外国の新聞社に「ちくる」というのは良い考えだと思います。

て、賛成意見でアイディアを持っていない私を許して、姐さん
2007/03/01(木) 07:11 | URL | 犬子(@犬養分) #ioPfNrnk[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/01(木) 07:12 | | #[編集]
こんなページが
おはようございます。

またたび獣医師団のほうで
こんなページがありました。
28日付け記事のコメント欄です。
大阪府の「ブルセラ症について」です。
なんか・・・また誤解されるような内容です。
見てください!



http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/gennba/rial.html
2007/03/01(木) 08:14 | URL | かずゆうな #LBBrlPtc[編集]
こんにちわ
私も、またたび獣医師団、
応援してます!
やっぱり、勘違いされて方も
多くいるかと思いますが、
ぜひ、色々な意見・情報を
見て、聞いて、きちんと
理解してほしいですよね!

獣医師団の先生のお一人は、
あずきのかかりつけの病院の院長先生なんですよ!
2007/03/01(木) 10:05 | URL | あずっこまま #azXmsElI[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/01(木) 11:27 | | #[編集]
フォロー、ありがとうございました。私は250 words じゃなく、lettersと思い、かなり短めにまとめてSFの新聞社に送りました。今日はSFのGEORGEにSFの大阪事務所に働きかけて下さる様お願いのメールを送ってみました。オーストラリアのメルボルンも姉妹都市のようなので現地の新聞社にでもメールしてみようと思います。毎日、トピックがトピックだけにブログの更新にもものすごいエネルギーを使うと思いますが、お体に気をつけて下さい!!
2007/03/01(木) 12:04 | URL | えなめんこ #-[編集]
ちゅーちゅーさま、英文使わせていただきました。いつもありがとうございます。私もまだあきらめてません。
2007/03/01(木) 13:45 | URL | アビーママ #-[編集]
リンクさせていただきました。
私もできるかぎりのことをしています。
ちゅーちゅーさま、みなさま。お体に気をつけてがんばってください。
犬たちがとても心配です。
2007/03/01(木) 14:02 | URL | 浅葱 #TIZXbK6A[編集]
母さん、私のブログはアクセスも少ないし、微微々力しかないけど、一人でも多くのひとに真実を伝えられるように協力続けていきますっ!
たから、身体に気をつけて頑張ってー!!!
2007/03/01(木) 15:11 | URL | ライラ母 #-[編集]
上の人が処分する明確な理由がないとか言ってるけど、逆に生かさにゃならん明確な理由もない。

てか、治療したあとはどうするの?
2007/03/01(木) 16:52 | URL | #E42q1tRg[編集]
私も送りましたよ。
送ったものの一切内容はわからず(笑)
読めない、書けない、お客さんとの
トークで単語すら出てこないので、
PCの翻訳サイトでカチカチやってみせてます(笑)
2007/03/01(木) 17:16 | URL | さり #-[編集]
いろいろありがとうございます。ただ、ワシントンポスト社からこんなメッセージが帰ってきました。
This is an automatic reply to let you know that your letter has been
received. Please do not respond to this message.

Letters to the editor must be exclusive to The Washington Post, must
include your first and last name -- anonymous letters will not be published
-- and should be no longer than 250 words. Please do not send attachments.
Submissions should include your home address and day and evening phone
numbers; that information will not be published.

If your letter is being considered for publication, you will be notified
via e-mail or telephone, generally within five business days. Letters are
subject to editing for reasons of space and style.

Although we are unable to acknowledge those letters we cannot publish, we
appreciate and value the views of those who take the time to send us their
comments.

Thank you,
The Washington Post
Editorial Department

-----------------------------------------------------------------------
2007/03/01(木) 17:31 | URL | 木村 #-[編集]
コメントありがとう
皆さんコメント、メールの送信にご協力どうもありがとう。

木村さんへ
ワシントンポストから来た返事は自動返信メールなので、気にしなくても良いですよ。文章に「automatic reply」という言葉があるときは自動返信メールの時が多いです。「あなたのメールを発行する事になった時には、こちらから連絡します。」という風にいっています。またワシントンポストからメールが来た場合は教えてください。どうもありがとうございました。


名無しさん、
治療した後は、里親に出して犬として幸せな生活を送ってもらうんですよ。当然やん。
2007/03/01(木) 17:41 | URL | ちゅーちゅーの母 #-[編集]
生きる理由
>上の人が処分する明確な理由がないとか言ってるけど、逆に生かさにゃならん明確な理由もない。

このような意見が1つあるという事は数人が同じ意見なのでしょう。
私は安易に増やす事には反対です。
ただ、この子たちは人間のエゴの犠牲者です。
病気を治して里親を探し、幸せな余生を過ごしてもらうのは当然の責任ではないでしょうか?
悲しいけど同じ人間がやらかした事なのですから。
それからもうひとつ、彼らも私たちと同じ生を受けた以上は生きる権利があるはずです。
それが「生かさなきゃいけない理由」の明確な理由です。
そしてこんな事はもう2度とくりかえさない事です。
2007/03/01(木) 19:04 | URL | SAKICO #F5Tx.MT2[編集]
私はちゅーちゅー母さんが書いてくれたもの意外、自分では何も思いつかなかった・・・なんてことだろう。こんなんでいいのかな?自分は・・・
そして、今回もまた、リンクさせていただきます。正直、今私ができるのはこれぐらいしかないです・・・
2007/03/01(木) 21:02 | URL | ariane #-[編集]
母さん、ホント頭が下がるよ。
もちろん、やれる事は全て
やらせていただきました。
みなさんの暖かい愛が詰まった元気玉が
行政を動かす力があると信じて・・・
2007/03/01(木) 21:05 | URL | ねずねず #-[編集]
またたびのブログは捏造だらけですよ?
本当に内容まで読んでるんですか?
それに都合の良いコメントしか受付けなくて、都合の悪いコメントは全て削除されています。
反対派が過激な行動してるお陰で、陰性の子達がどんどん危険な状態になっています。
騒げば騒ぐ程、全頭処分に向かうのが分からないのですか?
動頑張っても、行政が陽性犬を生かすのは無理です。
隔離施設もないんですから。
繁殖場の集団感染なんだから処分するのは、それ程珍しい事象じゃないでしょう?
2007/03/01(木) 22:10 | URL | あほらしくって #7uLS4I8I[編集]
思うこと・・
世界各国に犬種別のレスキュー団体がありますよね。
そちらに今回の件を伝えてはどうでしょうか?
アメリカにおいては、同じ犬種のレスキューでも州ごとに団体があり、それぞれ独立した組織になっていると聞いています。
そして、ベルギーにあるFCIとか・・
アドレス等、調べてみますね。

余談ですが…
和泉市の元ブリーダーは日本最大の社団法人”JK○”の会員の方です。
JK○のドッグショーには「展覧会役員」としてお名前が載っていました。
昔からJK○関係の方々には、良く知られている方だそうです。
飼育状況等も知っておられたのではないでしょうか?
JK○のHPには創立:1949年4月 農林水産省認可、と書かれています。
今回の件に関して何だか…裏で何かが圧力を掛けている様な・・
とても大きな影を感じるのは気のせいでしょうか。。

人間の繋がり・立場的な関係で今回の決定が下されたのなら許せない事だと思います。
最愛の友である犬達にとって、一番怖い存在が人間だったら悲しすぎます!

JK○のHPには、、、
正しい畜犬の飼育の指導奨励を行い、広く国民の動物愛護の精神を高揚することを目的として活動している国際的ケネルクラブです。
と、書かれているんですけどね・・
2007/03/02(金) 00:56 | URL | 慧 #J8FtLZeQ[編集]
どんなに外圧かけても無駄です。
救援本部の「方針について」を読んで下さい。
http://www.pref.osaka.jp/doubutu/02doubutuaigo/08brucella/top.html

至って正論だと思います。
この状態で陽性犬を救えるのは「陰性化したら絶対再発しない」または「避妊・去勢手術すれば絶対に犬・人に感染しない」という科学的データだけです。
それを探して下さい。
またたびは「完治する」「実績がある」と言いながら、具体的なデータも記録も多くの人が求めてるのに、まったく出してくれません!
2007/03/02(金) 01:58 | URL | あほらしくって #7uLS4I8I[編集]
皆さんへ
なちゅまるさんとこに載ってる記事を見てください。http://naruoreo.blog48.fc2.com/
静岡県でブルセラ病が発症した際の話が載っていますヨ。
2007/03/02(金) 02:09 | URL | ちゅーちゅーの母 #-[編集]
▼コメント気軽に書いてねぇ!
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。