ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イギリスのボーダーコリー・レスキュー団体からの大阪府への公開レター!
2007年03月02日 (金) 08:14 | 編集
【追加連絡】午後6時00分現在翻訳修了です。
今回の翻訳は犬子ちゃんの活躍が大きいです。犬子ちゃ~ん、夜中の2時(犬子ちゃんはアメリカカンザス州在住)まで翻訳してくれて、ありがとう!


ニュースです!

イギリスにあるボーダーコリー・レスキューグループのヘッドクオーターから大阪府へ抗議、提案の公開レターが出されました。
http://www.bordercollierescue.org

こうなるように直接動いてくれた方々、どうもありがとう!そして皆が冷静に、そして愛を込めて動けば、こんなに大きなパワーになるという証拠ですね!

*このブログ上の公開レターの日本語訳は私、ちゅーちゅーの母と「犬養分な日々」の犬子さんが行いました。私達はプロの翻訳家ではなく、私達の翻訳がまずくて誤解を招きそうになった場合は、必ず元の英文を参考にして下さい。公式の日本語訳という事ではございませんので、ご理解願います。また、今回のボーダーコリーレスキューさんからのご協力をいただけるようになったのは、私、ちゅーちゅーの母が動いたからではなく(私はここにこのレターを出す許可をBorder Collie Rescue HQさんより頂いただけで、私は全く関与しておりません)、お名前を出す事も無く、影で一生懸命働いてくださった皆様のお陰ですので、私もその方々にもお礼申し上げます。ありがとうございました!




From – Border Collie Rescue HQ 1st March 2007
57, Market Place, Richmond,
North Yorkshire, DL10 4JQ. UK
ボーダーコリー・レスキューHQ(ヘッドクオーター)より

Dear Sirs,
拝啓、

We write to you with regard to the situation in Osaka and the predicament of the dogs now under the care of the Osaka Prefecture Rescue Committee for Brucella Canis.
現在大阪府ブルセラ感染症救援本部の管理下にある犬達の境遇に関する手紙です。

We have been following this situation closely since the 29th January and must advise you that it is causing great concern amongst animal lovers in the International Community.

我々は去る1月29日よりこの状態を見て参りましたが、この状態について世界の動物愛好家の懸念が高まっている事をお伝えしなければなりません。

This concern is not only for the future of these dogs but also for the way that the situation is being handled by the Committee and the length of time the dogs have been confined in inadequate and inhumane conditions.
この懸念はこれらの犬達へのだけではなく、ブルセラ感染症救援本部の対応の仕方、また犬達が不適切で非人道的な状況におかれている期間の長さにも向けられています。

The infection that some of these dogs are carrying is known to be one that is able to be transmitted to humans and therefore we acknowledge that in this case there is a public health issue to be considered.
これらの犬達が感染している病気は人間にも感染するという心配は理解できます。

However, the incidence of recorded infection of humans by Brucella Canis though out the world is very, very low in relation to the prevalence of the disease and it is a documented fact that a percentage of all dogs living with humans in Japan already carry this infection, yet even the transmission of this disease between canine hosts in Japan is not a major problem, nor has it become a public health issue for the human population.
しかしながら、Brucella Canisが人間に感染したという記録は世界においても非常に低いという事、そしてまた現在日本においてBrucella Canisに感染している犬が一般家庭にもいるという事実が記録されているにも関わらず、それらが人間に感染し、大きな問題になったり、公共の健康問題に発展していないという事実からも分るかと思われます。

It can be concluded that, if properly handled and with correct bio security precautions, medication and remedial care, these dogs can be saved and placed into new homes and will pose less of a risk to the Japanese people than many dogs already at large in the population.
ブルセラ症に感染している犬達は、適した治療、バイオ・セキュリティーへの事前注意、投薬、救済ケアなどにより病気を治し、現在すでに一般家庭にいる感染犬達よりもさらにリスクが低くなり、新しい家庭に里親に出ることが可能なのです。

It seems illogical and unreasonable to prevaricate further and we urge you to take advantage of the positive goodwill and resources offered and available to you through the proposals of the various organisations who are willing to assist in the steps required to bring a happy and humane conclusion to this issue.
幸せで人道的な結果の為に、助けの手を差しのべている幾つもの団体の資源、誠意を受け入れる事を強く希望します。このまま言葉を濁すのはあまりにも非論理的で適切ではないものと思われます。

There are precedence’s where independent organisations working with Governments and Government Departments elsewhere in the world have acted to successfully save animals caught in situations involving infectious diseases. For example, the 2001 Foot and Mouth Epidemic in the UK.
民間の団体が、政府、政府局と協力しながら感染症に犯された動物達を助ける事に成功した前例が世界に存在します。例えば、2001年に英国で流行した「手足口病(Foot and Mouth)」がそうです。

As you may be aware, the Foot and Mouth Virus is extremely contagious and can be carried and easily transmitted by a variety of means. There have been recorded cases of humans contracting the disease and the virus can be easily caught by contact with any infected material. Any animal, vehicle or particle can carry the disease and the virus is prolific in its ability to reproduce in a suitable host. Perhaps its worst quality is that the infection is airborne.
すでにご存知かと思いますが、「手足口病(Foot and Mouth)」のウィルスはとても広がりやすく、色々な形で感染してゆきます。人間に感染したという記録もあり、そのウィルスは感染した物質に触るだけで簡単に移ってゆくもので、またウィルスの生殖能力はとても高く、一番問題であるのは、それが空気感染するという事です。

Foot and Mouth turned the UK into a war zone for nearly a year. Infected farms became prisons. The movement of livestock and humans was severely restricted. Millions of sheep, cattle and other potential host animals were slaughtered and burned to prevent the spread of the disease. Amongst this chaos, many sheepdogs were also being slaughtered, even though they were not hosts of, or affected by, the virus. Their deaths were precautionary in case they wandered and spread the disease to neighbouring properties.
その「手足口病(Foot and Mouth)」は、一年近くもの間英国を戦争地域のように凄まじいものにしました。感染した農場は牢獄と化しました。家畜類と人間の行動が厳しく規制されました。病気の拡大を防ぐ為に、何億という羊、牛、感染の可能性のある他の家畜動物達が病気の殺され、焼却処分になりました。またこの混乱のせいで、病原菌のウィルスに感染していない沢山の牧羊犬達も殺されていきました。この犬達の死は、近郊の土地にこの病原を広めないための予防策だったのです。

There was a public outcry against the slaughter of dogs and alternatives were called for.
犬達を殺した事に関しては、一般市民の激しい反抗がありました。そして別の選択をという運びになりました。

Our Organisation became involved in this. We proposed a scheme to the Government Ministry involved that would allow us to attend infected farms, disinfect and remove dogs that had come into contact with infected animals, quarantine them, attend to their medical needs and then re-home them onto other farms where they could continue to be sheepdogs.
そこでこの問題に取り組むようになったのが、我々の団体でした。私達は担当省庁に対し、私達の団体が感染した農場に入り、感染している家畜と接触した牧羊犬を隔離し、感染症を治し、そして他の農場に無事戻し牧羊犬として生きる事ができるような計画を提案しました。


The Ministry was not without concerns about the potential for this activity to add to the spread of the disease but they were not unreasonable and saw no necessity for dogs to be slaughtered if there was a suitable alternative.
内閣はこれ実行する事で感染がますます広がる可能性がある事を心配していない事はありませんでしたが、もしこれが適切な代案であるならば、これらの犬達を殺す事に対して、必要性を見出しませんでした。

There were issues of general public concern involved as the disease had such a profound affect on any community where an outbreak occurred and no-one would want, even a dog, from an infected area being brought into their neighbourhood.
However these were issues that could be addressed and a mutually satisfactory rescue program was devised and given Government approval and backing.
We implemented the program ourselves, raised funds for its implementation ourselves and operated it ourselves with reference to the appropriate Government vets and Disease Control Centres who issued us with licences to attend infected farms and remove dogs.
英国市民は病気の大きな影響を心配し、病気が流行した地域からは、たとえ犬であっても彼らの近所に移動してくる事を誰も望まない状態でした。しかし、これらの問題は双方で満足のいくように働きかけ、政府の承認と後押しで、きちんと取り組むことが出来るのです。
我々は、この対策を自ら計画し、それを実行する為の資金を集め、政府の獣医、そして我々の団体が、感染された農場から犬達を移動させる為に必要な免許を発行してくれた疾病管理センターなどを参考にしながら、実行に移す事ができたのです。


The scheme was a great success and 211 dogs were directly rescued before the disease restrictions were lifted. All the funds needed to pay for this operation were found from public donation. In not one of these cases did any of our operatives or the quarantine units we used spread or transmit the disease from an infected farm.
Some of the dogs we rescued were on uninfected farms and back in contact with sheep within 5 weeks of them being taken from an infected farm where the sheep had been culled.

この計画は大成功に終わり、211匹の犬達は無事レスキューされ、病気制限は解除されました。これらにかかった費用は全て一般市民による寄付によりまかなわれました。最終的にこのレスキューに関わった工作員、隔離班の誰一人として、この感染を広めたり、感染したりすることはありませんでした。

In many respects your situation is far simpler and the implementation of a rescue and care package that would include quarantine in suitable accommodation carries far less risk to the general public or the economy than the operation we carried out.
あなたの状況は多くの観点から見ても、非常にシンプルであり、救援の実行と、適切な施設による隔離治療によって、一般社会または経済におけるリスクは私達が実行した英国でのに比べてずばぬけて低いものです。

You also have the advantage that much of the resources and expertise needed to carry out a rescue program for these dogs is already available to you.
It seems that the only barriers to a humane and happy ending to this situation lies with you – The Osaka Prefecture Rescue Committee for Brucella Canis.
あなた方はすでに、救援に必要である豊富な物資と経験を持つ優位な立場にあるのです。この状況の中で人道的で最良の結果を阻止しているのは、大阪府ブルセラ病感染犬救援委員会の皆さんであるように見受けられます。

You should also bear in mind, as part of your decision making process, that there will always be consequences to any decisions you make and the way you implement them. These consequences could be positive or negative and the International Community is watching and aware and will judge the organisation with representation on the rescue committee, and your country, accordingly.
プロセスを決める段階で、あなた達が決めた事にもそれをどう実行するかにも結果が伴う事を念頭に置くべきである。そしてそれらの結果がどうなるか国際機関はそれを見て気付いており、それによって救済機関とあなたの国事態を結果によって判断するのである

We have been contacted by many individuals and organisations from within Japan and from outside with suggestions for action that reflect the way people feel about the situation so far.
These have included the following ideas –
Calls for protests at, and a boycott of, the International Athletics Competition due to be held in Osaka this year.
A call for an embargo on Japanese Companies and Manufactured Goods by animal lovers throughout the world.
A petition calling for the resignation of Prefecture Officials responsible for overseeing this situation.
A petition through the facility on the website of No 10, Downing Street calling for the British Prime Minister, The Right Honourable Anthony Blair, to intervene with a formal letter to your Government.
A tourism boycott of Japan.
And many more.
私達は、日本国内、国外の個人、または団体から連絡を受け、それらの人々が現在どう気持ちを表すのかという助言を得ました。

以下がそのアイディアです:
1)大阪で今年行われる国際スポーツ大会(International Athletics Competition)をボイコットするよう要請する。
2)世界の動物愛護派が、日本企業の製造品の輸入を禁止するよう要請する。
3)この状況を静観し過ぎていた大阪府職員の辞職を促す嘆願書を制作する。
4)ホームページNo10,Downing Streetを通して、イギリスのブレア首相に日本政府にコンタクト取る様に要請する嘆願書を作成。
5)日本への観光をボイコットする。
6)他多数

It can be clearly seen that this situation is causing much passion and negative feeling towards the Prefecture, Osaka and Japan and we fear that some of these suggestions may be implemented if the situation is not resolved satisfactorily.
This negative feeling could be neutralised with the right actions on your part or re-enforced with the wrong actions. Proprietary behaviour at this point could even generate positive responses. It is still not too late.
このように現在の状況は、犬達に対する熱意と大阪府と日本へ対する人々の否定的な感情が原因であるのは明らかである。そしてその否定的な感情は正しい行動によって中和されるか、間違った行動によりますます拍車がかかるかのどちらかです。これから最良な行動をとった場合には、もっといい反応が返ってくる場合もあるかもしれません。決して遅すぎる事はないのです。

We would have thought that the organisations with representation on the Osaka Prefecture Rescue Committee for Brucella Canis would have a vested interest, professionally and morally, in achieving an outcome where any dog that could be saved, was saved.
The two veterinary organisations, The Osaka Prefecture Veterinary Medical Association and The Osaka City Veterinary Medical Association must surely be resolved on the preservation of life and The Japan Animal Welfare Society must surely be in favour of improving welfare standards, along with The Japan Pet Care Association.
私達は、代表である大阪府ブルセラ病感染犬救援本部が所有権を持ち、プロとしても道徳的観念においても、助ける事のできる、そして助けられたであろう犬達を救うのだと思っていました。
大阪府獣医師協会、大阪市獣医師会協会においては、犬達の命の為に絶対的にこの問題を解決すべきであり、日本動物愛護団体は動物福祉の基準を日本ペットケア協会と絶対的に向上すべきである。

It is difficult to understand how matters should have progressed so slowly, how so many of the dogs have met their deaths and how poor the standard of care and remedial treatment has been with so many illustrious and responsible organisations involved.
Therefore you must surely understand how the average person looking on would find it difficult to come to terms with the lack of progress so far or rationalise your intentions.
著名で、責任ある団体が関わっていながら、犬達の環境を整えるのが非常に遅い事も、沢山の犬達が死を迎えなければいけない事も、救済する為の処置の基準の低さも理解しがたいものがあります。
したがって、あなた方救援本部は、これだけの期間の間に一般人が見てもあなた達の合理的な意向とはかけ離れた遅い進展であると言う事を理解すべきである。

It appears to the world outside of your Committee that your primary motivation does not lie in the welfare of these dogs but in the convenience of dealing with the situation with the least possible expense and inconvenience to the Prefecture, and that the inclusion of Veterinary Associations and Pet and Welfare organisations within your decision making process is simply cosmetic and intended only to give the impression that all welfare opportunities have been explored and that euthanasia is an acceptable and only course of action.
あなたの委員会以外の周りの世界には、あなたの主な動機は犬達の幸福の為ではなく、府にとって低コストであることであり、また好都合な方法であり、府の獣医師団体とペット愛護団体を導入する事によって、まるでできる限りの対策を全て検討した上で、処分しか方法がないかのように見せている事は明らかであるように見えます。


We know that it is not and that there are other alternatives available to you.
私達は、処分だけではなく他にも可能な対策があるという事を知っています。

The ramifications of your actions and the outcome will reverberate far beyond Japan. The precedent you set in this case will affect animal welfare issues in many other countries, particularly those in Asia. If you see fit to execute dogs infected with Brucellosis, rather than treat them, what of the many other infected dogs in Japan – are they also to be executed? Should all Japanese dogs be tested and, if positive, killed?
あなたがたのとっている行動は、外交関係においても日本以上に反響が出るでしょう。あなたがたが作ろうとしている「前例」は他の国、特にアジア諸国の動物愛護にも影響がでるかもしれません。もしブルセラ症にかかっている犬達を処分しなければならないのなら、他にも一般家庭にいるブルセラ症の犬達も処分しなければならないという事ですか?それでは、日本にいる全ての犬達を検査し、もし陽性ならば、殺してしまうという事ですか?

International Animal Rescue and Welfare Organisations around the world who have worked for many years to educate people and inspire Governments to introduce better legislation for the care and protection of animals will find it difficult to stand back and watch this happen.

長年において人々を教育し、またそれぞれの政府がこれらの動物達のケア、愛護をさらにより良くする為の法律制定を目指し奮起してきた、世界中の国際動物レスキューおよび愛護団体は、この大阪での現状を黙って見ている事は出来ないでしょう。
It goes against all that we stand for. It reduces life to the level of commodity and demotes the duty of care to be no more than the slave of convenience.
(ただ傍観する事は)私達の志とはかけ離れているのです。それは命をただの産物であるかのレベルに蹴落とし、「ケアする」という任務を好都合(便利)の奴隷に降格させている事になります。

It would undo much of our hard work, waste much of our hard earned resources and we would have to take action to counter its effects and to reduce the likelihood of it happening again in the future.
さらにそれは、私達がいままで培ってきた努力と、必死で得た情報を台無しにするモノであり、私達は今後、似たような事が繰り返される事が予測される為、それを阻止する為に行動しなければなりません。

The most damming aspect of this situation is the fact that you are refusing the assistance of people and organisations that are willing to give time, labour, expertise and materials at no cost to the Prefecture or the taxpayers you represent.
From what has been revealed to date, it is obvious that you need the skills and resources of these people and you could benefit from their enthusiasm and dedication.
この状況のもっとも最悪な事実は、あなた方が人の助け及び、時間と労力を提供し熟練した知識と納税者に負担のかからない資材を提供できる団体を拒んだ事にあるかと思われます。
この月日から明らかになった事は、あなた方には技術と経験豊富な人の知識が必要であり、あなた方は彼等の熱意と献身的な姿勢から得るものがあるであろうという事です。

So, for the third time we write to you and ask that you be reasonable, receptive and open in your actions and point out to you that it has been done before and can be done again. That there is no need for further loss of life and no excuse for poor welfare or neglect.
ですから、今回で3回目のあなたへの手紙での懇願になりますが、もう一度お願いします。良心的で、受容力を持ち、心をオープンにして私達の手紙を受け止める事を懇願いたします。これ以上の命の損失は必要な事ではなく、それを貧困(経験不足?)な動物福祉業界、または怠慢のせいにする事はできないという事です。

On behalf of the International animal welfare community and the thousands of concerned citizens of Japan and other countries who are following this issue, we urge you to enter into open discussion with The Matatabi Veterinary Team, Ark Angels and Wan Life in order to formulate a plan of action which will ensure the safety and future wellbeing of the dogs still left alive and to open this debate to other organisation who may be prepared to help.
世界動物福祉機関を代表して、犬達を心配している数千の日本人、そしてこの事に関心を持つ他の国の人々である「私達」は主張します:犬達の安全と未来の幸福な生活を築く為の計画を作成する為に、またたび獣医団、アークエンジェルズ、そしてワンライフらと公開討論会を開き、その討論会を他の援助を提供できる団体と共有すべきだと。

We urge you to take immediate action to move the remaining dogs to secure and comfortable quarantine facilities or veterinary hospital if appropriate, separating those who have tested positive from those who have tested negative and isolating as many individuals as possible in order to prevent further cross infections occurring.
私達は主張します:犬達を少しでも早く快適な場所へと移し、必要であれば動物病院へと彼等を移し、さらなる感染を防ぐ為に陽性と判断された犬と陰性とを隔離する事を。

We urge you to provide proper and full veterinary treatment and care within a bio secure environment with correctly measured and administered drugs and proper, continuous supervision by caring and qualified personnel.
私達は主張します:獣医的な治療と生物学的に安全な環境にて、思いやりと資格のある人物による断続的な管理のもとに正しく処方され適切な薬を犬達に提供する事を。

We urge you to provide a proper and balanced diet, designed to ensure the easy absorption of nutrients essential to recovery and good health.
私達は主張します:回復と健康を保つ為に適切で栄養のバランスが取れ消化吸収されやすい食事を与える事を。

We urge you to provide suitable bedding materials, cleaning and grooming materials, recreational facilities and human companionship and to do all things appropriate to enable the recovery and eventual re-homing of these dogs.
私達は主張します:それぞれ個体にあったベッド資材、洗浄とグルーミングの為の用品、遊び場、人間との交流、そして犬達が回復し徐々に里親の元へ行ける為に必要な事を適切にする事を。

We urge you to take advantage of the volunteers and facilities offered to you and to allow the public to support the care of these dogs in a legitimate and charitable manner.
私達は主張します:ボランティア搬入と民間の助けと犬達を合理的で慈悲深い方法で世話をする事が出来る組織の提供を。

We urge you to work within the spirit of your own countries animal welfare legislation, designed for the protection of animals in Japan, no matter who owns or is responsible for them and introduce a little Aigo into this situation.
私達は主張します:誰が所有し誰の責任か等ではなく、愛護の気持ちを持ち自国の動物を守る動物福祉法の精神の元に(犬達と)働くべきだと。

If the Osaka Prefecture Rescue Committee for Brucella Canis is not capable of this, we urge you to resign responsibility and hand the dogs over to someone who is. Dekiru dake hayaku.
もしも、大阪府(救援本部)に助けるのが無理なのであれば、出来る誰かに犬達の所有権を譲り渡す事を主張します。デキルダケハヤク。

We, at The Border Collie Kyuen Hobun, will continue to campaign for the welfare, benefit and lives of these dogs and for justice for them in the situation they find themselves in. A situation not of their fault or choice.
It would be wonderful to be able to be working with you. Supporting your work with these dogs. If only we could only feel that our motives and aims were the same. Life – not Death. Care - not abuse. Aigo – not exploitation.
ボーダーコリー救援本部は、引き続き 犬達の快適な暮らし、恩恵、そして命の為に そして公平な判断があの状況下にいる犬達にもたらすために活動します。あの状況は犬達が選んだ訳でも、彼等が悪い訳でもないのです。あなた達と協力できたらどんなにすばらしいでしょう。私達の動機も目標も同じです。死ではなく命を、虐待ではなくケアを、搾取ではなく愛護を。

We are resolved that we will continue to take, support and promote whatever action is necessary and lawful to seek justice for these dogs.
Should they live or die, they WILL have a voice and it will echo around the world.
The Border Collie Kyuen Hobun has decided.
私達は、和泉市の犬達に正当な処置をなされる為に引き続き協力と必要な活動を続ける事を決意します。
犬達が生きるか死ぬか、それは彼等の(声なき)声が世界に響き、決める事でしょう。
ボーダーコリー救援本部ーは断言します。

We thank you for your attention. - Border Collie Rescue HQ - UK
ここまで読んで下さった事に感謝申し上げますーボーダーコリーレスキューヘッドクオーター)


This open letter is sent on behalf of all those around the world who have expressed concern about these dogs, the lack of care shown them and the animal welfare situation in Japan that has allowed this to happen and continue.
Although it is signed - Border Collie Rescue – it reflects the feelings and intentions of all who have contacted us about this injustice.
ケアの不足が見られる日本の動物愛護の現状の黙認と、それを繰り返してきた事に対する懸念の気持ち、また、この手紙はボーダーコリーレスキューヘッドクオーターからですが、この大阪和泉市で犬達に起きている悲しい事実を心配する世界中の人々の心を反映したものです。

Ist March 2007 – Yorkshire – United Kingdom.


Border Collie Rescue is a non profit distributing charitable company, limited by guarantee.
Registered in England, No 3037504. Border Collie Rescue is run and staffed entirely by volunteers.






皆さんのお陰で海外へ私達の声は届きはじめているようです。
この後、2つ目のレターを載せますのでしばらくお待ちください。

今回Welfare for Animals Globalという世界各国の動物達を愛護する団体も大阪府に対し「手を差しのべてくれている愛護団体と、またたび獣医師団と大阪府が思いやりの気持ちをもって協力し合い、犬達を助ける事を強く望みます。」といっております。この団体は今後とも各関係に呼びかけ、私達の手助けをしてくれるそうです。



【愛犬の健康を考える専門家】
訪問型トータルドッグケア・わんこのきもち
カウンセリング◆ドッグアロマケア◆ドッグ指圧マッサージ◆食事・栄養アドバイス◆ケア関連機関◆専門家の紹介◆ケア商品の販売◆手作りごはん&おやつ類ネット販売
ちゅーちゅーもお世話になっとります。Sakicoさんありがとね。
わんこのきもち




↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!



スポンサーサイト
コメントありがとさんっ!
▼この記事へのコメント
これは本当にGood Newsですね。

ここからがまた正念場です。
いよいよ、原点に帰って、大阪府畜産かに連絡をしなくてはいけませんね。
「イギリスの愛護団体から公開書簡が届いていますよね。それの正式な回答はどうなるんですか?」と。


英愛護団体サイドは、返信が無ければ再度送り続けるか、あるいは外務省に送るでしょうから、畜産かとしてもいよいよ無視ができない状態になってきました。

今後の展開が楽しみですね。

2007/03/02(金) 09:05 | URL | Q's Mom #-[編集]
みんなの願いがひとつになって前進しましたね!
それにしても長っ!朝から頭使いました。
なーんちって。和訳待ってます。

ちゅーちゅー母、こちらこそありがとう。
今回の事だけじゃなくて、あなたは私の人生の宝モノよ。
2007/03/02(金) 09:13 | URL | SAKICO #F5Tx.MT2[編集]
おはようございます!

やった!一歩前進しましたね。
確実に良い方向へ前進してくれるものと信じて また進んでいきたいですね。

「またたび」さまのBBSのカキコにあったのですが・・。「公開質問状」へのBBSでのカキコです。(まだ新しいです)
そこには『今世間での風評は メディア関係により「ブルセラはとっても恐ろしい病気」と 世間に植え付けており そのことが元で 保健所などにペットを「置きに」くる人の増加が心配・・』
とありました。

一刻でも早く マスコミに「沖縄」「静岡」の一例を交えて 「ブルセラ病で殺処分する事は必要無い」といった旨の報道をしてもらいたい。

そして 何で頑なに協力の手を振り解く「大阪府」の「真の意図」が知りたい。個人的に思うのですが どうもへんてこな「虚栄心」「ミエ」「変な裏」からあのような状況に今現在もあるのでは・・・と考えてしまいます。


あ~仕事に行かねばなりません。
ちゅーちゅー母さま 翻訳大変でしょうけど よろしくお願いいたします!!
(急いでいるので 変な言い回しでしたらすみません!)
2007/03/02(金) 09:36 | URL | かずゆうな #kSu.h7Ac[編集]
お手伝い、できますか?
ちゅーちゅーの母さん!翻訳作業ありがとうです。

英語力はダメダメですが、現在時間があるのでお手伝いできますよ。留守電にも残したのですが。

手が必要な場合は、ご連絡下さい
2007/03/02(金) 10:19 | URL | 犬子(@犬養分) #ioPfNrnk[編集]
ちゅーちゅーの母さ~ん!
いつもいつも有り難う御座います。
感謝の気持ちでいっぱいです。
嬉しくて、嬉しくて…
仕事も合間にお邪魔してますが
上司が目の前にいるのにウルウル目になってしまってます…

早く良い方向に向かって欲しいです。


是非ここも、見て下さい!
ピースハウスさんのHPに新潟のひろみさんが書き込んで下さってます。

前回の改正も この団体の力で改正できたそうです。
私も今朝、通勤前にこの方にFAXをしました。

代表の青木先生宛
http://nttbj.itp.ne.jp/0427257366/index.html?Media_cate=populer&svc=1303

2007/03/02(金) 11:14 | URL | えみ #-[編集]
翻訳ありがとうございます!
助けたいと思う方たちの声は、海の向こう側に届きはじめているんですね。
まだ道のりは長いかもしれませんが、私もできるかぎりのことはしていきたいと思っています。
2007/03/02(金) 11:33 | URL | ariane #e/PIUhBc[編集]
嬉しくて泣きました。
すごく嬉しいニュースですね。
遠いイギリスからもこんなに思ってもらえてるよって、はやくあの子達に伝えたい!
悪い人間ばかりじゃ、ないんだよってコトをしってもらいたい!

今現在、

群馬県動物管理センター 
http://www.pref.gunma.jp/shokukaigi/doubutsu/new2.html

長野市の見解
http://www.city.nagano.nagano.jp/cgi-bin2/cv/stop/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=9364

福島県中保健所
http://www.pref.fukushima.jp/kenpokuhofuku/new/brucella.htm

が、犬ブルセラ怖くないよ!てコメントしてくださってます。

そこで考えたのですが、もっと多くの都道府県にも、同じ様なコメントを記載してもらえないか、頼んでみてはどうでしょうか?
とりあえず、自分の住んでいるところだけでも。

『今、大阪でおきている、犬ブルセラは、厚生労働省のHPに「繁殖場でのブルセラ症集団発生」の対応が「陽性犬は治療」です。と書かれているぐらい安全な病気ですが、世間は、変にあおるニュースなどで、犬ブルセラを怖いモノだと認識しています。
間違った判断で、ブルセラの飼い犬を捨てないよう、○○県も一言ホームページ上でコメントしてはいかがでしょうか?』
(上記は、実際に私が住んでいる県に送った文章です)

一つでも多くの県・市がホームページに犬ブルセラのコメントえを載せてくだされば、それだけ力になり、世間に安全性がひろがるかな?と思いました。
2007/03/02(金) 11:53 | URL | しゃぁぼう #rR2siNoM[編集]
追伸
翻訳頑張ってください。
楽しみにしてます。
お手伝いできなくて、すみません。
m(_ _)m
2007/03/02(金) 11:55 | URL | しゃぁぼう #rR2siNoM[編集]
ちゅーちゅーの母さん、ほんとにお疲れさまです。
みんなの声が伝わったのですね!!すごく嬉しいです!!
それにしても、英文に目が回ってしまいました(汗)
この先ももっともっといい方向に動いて行くといいですね。
2007/03/02(金) 12:07 | URL | emi #-[編集]
皆の願いが届きますように。。。
2007/03/02(金) 12:57 | URL | ごっつあん #-[編集]
ちゅーちゅーの母さん、ありがとう!!
「恐縮する」とおっしゃっても、
やはり感謝の言葉を述べずにはいられません。
翻訳文、途中までにもかかわらず読んでいて涙が出てきました。
みんなの声は届きつつあるのですね。
小さな力でも、ひとつに集まれば何かを動かせるのですね!

…病院から今帰ってきたところだったんですが、
母さんが寄せてくださったコメントにレスをつける前に
嬉しくてココにカキコしてしまいました。
本当にありがとう!
2007/03/02(金) 13:07 | URL | くろ母 #Isy/q0Xo[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/02(金) 13:32 | | #[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/02(金) 13:47 | | #[編集]
良かったっ!
これも全て最後まで諦めない気持ちで頑張ってくださったちゅーちゅー母さんのお陰ですっ!だって海外の団体へのお願いなんて考えもしなかったですもの。。。
感謝と喜びでいっぱいになりました♪

こんな長い文章の翻訳まで…大変だったでしょう?色々と有難うございます。
そしてブログにもコメントを有難うございました♪

まだまだ安心出来ない状況ですが、3月中はとても忙しくて私には何も出来ません。ホント歯がゆい思いですがめくらめっぽうメールは送ってみました。
これからも宜しくお願いいたします♪
2007/03/02(金) 16:04 | URL | エル姉 #lWEPZwCs[編集]
長文翻訳、ご苦労様です<(_"_)>
今日、豪州メルボルン(大阪の姉妹都市)の新聞社THE AGEにも投稿してみました。文字制限等ありませんでした。返信等もらえたらまた連絡します!
newsdesk@theage.com.au
2007/03/02(金) 17:04 | URL | えなめんこ #-[編集]
初めまして。
初めまして。さすが動物愛護が進んでいる国だけあって、対応が早いですね。私も行政の対応には、憤りを通り越して怒りと不信感さえ覚えます。でも、冷静に自分の出来る事であの子達に出来る事を諦めずにして行きたいと思っています。私のブログ内の記事にリンクを貼らせて頂きました。最後まで諦めずに頑張りましょう。
2007/03/02(金) 17:39 | URL | katsuko #RcwPtZms[編集]
大阪府は救援本部として このボーダーコリーレスキューからの手紙を扱うでしょう。したがって今度は当然JSPCAやJAWSがまともな情報を発信することになるでしょう。
つまり、一面的な非常に偏った情報ではなく、まともな公式情報を回答しますよね。
そうしたらどうなるでしょうね。

2007/03/02(金) 18:18 | URL | #-[編集]
あれ?
こんなコメントを「いい加減にしてほしい」さんからいただいてますが、なぜかブログに反映されてないよ。私削除したわけではないので、そこんとこ4649。以下そのコメントです。

-----------

ボーダーコリーレスキューの手紙が大阪府宛なら、大阪府は救援本部として
これを扱うであろうから、当然JSPCAやJAWSがまともな情報を発信するだろう。
つまり、一面的な非常に偏った情報ではなく、まともな公式情報を回答すると
思われる。
何しろ、個人の蒙昧な手紙に基づいた今回の手紙だから、救援本部内の愛護組織
も黙認しないだろう。
2007/03/02(金) 18:22 | URL | ちゅーちゅーの母 #-[編集]
ありがとうございます
ちゅーちゅー母さん、はじめまして!
こんなに長い翻訳、ありがとうございます。
またたびブログの、ボーダーコリーレスキューからの手紙には、HSIからも聞いている、とありますね。
ちゅーちゅー母さんが、皆さんに声をかけてくれたからだと思います!
本当に本当にありがとうございます。
日本にいただけでは、どこの団体が力あるのか分かりませんでした。
PETAには違うアドレスの方に送ってしまったりしてました。
感謝です。
再三ブログ内で紹介させて頂いてます。
事後報告ですいません。
愛ある行動で少し事態が動き出したことに感動しました☆
最後まで諦めず頑張りましょう!
2007/03/02(金) 19:09 | URL | モモママ #-[編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/03/02(金) 20:13 | | #[編集]
ありがとうございます!
ちゅーちゅー母さん!犬子ちゃん!翻訳ありがとうございます!
それからお疲れ様でした。

少しづつ前進している事が嬉しいです。
また、また、リンクさせて頂いとります。
何時もすんません!^^;
2007/03/02(金) 21:09 | URL | sumire #-[編集]
ありがとうございます
いつもあたたかい応援と御尽力ありがとうございます。
こちらのブログを読んでいると頑張ろうという気になります。
みんなが協力し合って絶対に全犬救命したいとおもいます。
引き続き精一杯頑張ります。

末筆ですがリンクを張らせて頂きます。よろしくお願い申し上げます。

さがみ
2007/03/02(金) 21:29 | URL | またたび獣医師団 #-[編集]
ありがとうございます!
ちゅーちゅー母さんお疲れ様でした。どうか良い方向に向かいますように!!
2007/03/02(金) 21:56 | URL | ぐちを #-[編集]
一歩前進ですね。
少しづつ、前へ進んでいますね。
ちゅーちゅー母さま、ありがとうございました&お疲れさまです。

日本はどうしてこんなにも愛護が遅れているのでしょうね。
こういうことに直面するたびに思い知らされて哀しくなります。
ワンコたちの待遇が一刻も早く改善されるよう切に願っています。
2007/03/02(金) 22:09 | URL | 浅葱 #TIZXbK6A[編集]
一歩も二歩も前進してますね
和訳ありがとうございました。
世界でも動きがでるようになったのは
ベースとなる文章を考えてくださった方(コピーさせていただきました)、ご自分の言葉で訴えられた方、各国で交流がある方のおかげですね。府にはもっと事の深刻さをわかってもらいたい。本人達が考えてる以上に物凄いおおごとになってますよ(笑)裁判所も話し合いの場を設けてくれたようですし、とりあえず近日中の処分はないものと思います。
その間にいろいろ考え、情報を集め、
各国の協力をあおげるように皆んなで頑張りましょうね。
2007/03/02(金) 23:32 | URL | さり #WZAQo8Ek[編集]
ちゅーちゅー母さま、犬子さま、本当に本当にありがとうございます。
感謝の気持ちで一杯です。
まだまだ道のりは長いかと思いますが、少しずつでも良い方向に向かっているように思います。
本当に微力で何のお手伝いも出来ない私ですが、出来る事は精一杯したいって思います。
あの子達全てが生まれてきて良かった!って思ってくれるまで!
未来が明るいものになりますように!!!
2007/03/02(金) 23:48 | URL | ラブ母 #wLMIWoss[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/03(土) 00:38 | | #[編集]
こんばんは♪

ちゅーちゅー母さま 犬子さま 翻訳どうもありがとうございます。そして お疲れ様です!

この内容を読んだ時 涙が出てきました(T T)。キット良い方向に進んでいるって そう思っています。
あの子達は 世界中の人たちが守ってくれるって。

あの子達すべてが 「幸せへの掛け橋」渡らせてもらえるように これからも突き進みましょう!

ちゅーちゅー母さま お忙しいでしょうけど これからもよろしくお願いいたします。
(この記事 後ほど使わせてくださいネ)
2007/03/03(土) 00:46 | URL | かずゆうな #kSu.h7Ac[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/03(土) 02:00 | | #[編集]
ちゅーちゅー母さま、犬子さまお疲れ様です。
やはりこれを読むと助ける事ができる、またその必要がある、さらに急がなければならないと確信しますね。
2007/03/03(土) 02:41 | URL | SAKICO #F5Tx.MT2[編集]
本当にありがとうございます。言葉に尽くせませんが感謝でいっぱいです。
2007/03/03(土) 03:41 | URL | *春一番* #-[編集]
お疲れ様です。

本当に、嬉しいです。
人が、世界が動き出そうとしている。

本当に想いは届くのですね。

これもちゅーちゅー母様が動いてくれたからです。本当にありがとうございます。

先日、私の知り合いのTV局、雑誌社などに電話をし、今の現状などの撮影をしてもらえないか頼んでみました。
私の住む東京ではまったくと言っていいほど報道されません。
まだ、お返事はいただけていないのですが、きっといい返事がいただけると思います!
2007/03/03(土) 03:55 | URL | SOU #-[編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/03(土) 16:56 | | #[編集]
世界の中の日本ですね!
ちゅーちゅー母様そのファミリーの皆さん、そして犬子様、大変な労力ありがとうございました。
日本は島国で、何かと世界の目に疎いですが、動物との共生が出来て、初めて「先進国」と胸張って言ってほしいですね。
先日も日本の捕鯨船が座礁して、捕獲反対派の外国の団体が手助けをすると申し出ても、頑なに断っていましたが、災難が起きた時は敵も味方もないと思うのですが。
行政はもっと柔軟に対応してほしいですよね。
そして、ワンのことを想ってくれるなら、早急に保護を申し出ている団体と協力すべきではと思います。
世界の目にみられていること、世界に恥じない対応を望みます。
遠い場所でも「気持ちは1つ」
嬉しいです。そしてありがとう…
2007/03/03(土) 19:19 | URL | ハナ #-[編集]
海外からの援助メッセージはありがたく、力を頂けます。しかし、現在の日本は申し立てだけでは一切動きませんですね。毎日の様に賑わす都道府県庁等、不正事実があっても査察が入らないかぎり、無言を貫いています。今回も、他からの正しい情報を持つ者が実際に現場に立たない限り難しいように感じます。我々で海外のレスキュー団体などを現場へ迎え入れる事などは難しいのでしょうか?そうでもしない限り、国内のマスコミも今の状態では動かないでしょう。(各報道関係にメール等でメッセージを送りますが返答無しです)正しい犬ブルセラ症の対処法の知識などを国民に知らせる為にも関心をもってもらわないといけないと感じます。日本全体で見ても現在の現場の状態を知っている人は本の一部です。隣町でも「ブルセラは怖い、かかったなら処分やむえない」や「ブルセラにかかった犬たちはもう救助され終結したのでしょ」という者が殆どです。一人ずつ説明をすれば正しく理解してもらえますが、その様な事では間に合いません。日々弱っていっているかもしれないので。やはり、政治や国レベルを超えるような団体様をお招き出ないものでしょうか。
2007/03/04(日) 15:09 | URL | 福田 #-[編集]
ちゅーちゅー母様。いつも翻訳有難うございます。海外からのメッセージ大変うれしく思いました。心から感謝いたします。
2007/03/04(日) 20:38 | URL | SACHIKO #-[編集]
初めて知りました
遅ればせながら、今日初めてブルセラ感染症の事を友達に教わりました。マスコミの在り方、本当に悩まされるものです。正しい情報を流し、ブルセラ感染症が治療で治り、殺処分の必要性がないことを訂正し、お詫びしてほしいです。一匹でもワンちゃんが不幸にならないように…。ペットブームに乗っ取って、エゴばかりが先走ってます。同じ命あるものです。同感された皆さんも、是非行政、和泉市にご意見をぶつけて下さい!無力で何も出来ませんが、みんなで力を合わせれば、きっと思いが伝わるはず!
2007/03/07(水) 23:37 | URL | うさぎ #ma6QW5LA[編集]
疑念が残ります
またたび獣医師団さんのウェブサイトによれば、「世界中に1500万人の会員を有する国際的な動物愛護団体であるHSI(ヒューメインソサエティーインターナショナル)が大阪府に対して表明文を発表している」というのですが、
そのHSIの公式ウェブサイトには「HSIが大阪府に対して何らかの意思表明を行った」旨の発表がどこにも見あたりません。

通常、社会的に大きな影響力を持つアメリカの動物愛護団体が、たとえ外国の一地方行政機関に対してであっても、何らかのステートメントを出したのであれば、それは当然“Press Releases”に反映されるはずです。

ところが、HSIのウェブサイトを“Osaka”で検索しても、“Your search yielded no results.(検索条件に合致する結果なし)”としか表示されません。
(HSIアジアのウェブサイトでも同様でした)

これは一体どういうことでしょう?

さらに妙なのは、「なお下記抜粋のうちカッコ(・・・)で囲んだ部分は佐上邦久による注釈です」と言って、「治療が可能な犬(ブルセラ陽性犬を含む)」と、勝手に「ブルセラ症の犬まで殺処分してはいけない」と意図的な論旨の挿入を行っています。
(そもそも、文頭に“We understand that the initial response is to try to save all of the dogs in the situation in Osaka. HSI has seen these types of situations here in the US. In these cases, authorities have resorted to humane euthanasia of sick animals to prevent further distress.”と書かれているのに、この部分は全く紹介していません)

私は、どうしてもまたたび獣医師団さんやその関係者の方々への疑惑を払拭しきれません。
2007/03/22(木) 23:38 | URL | のろんこ #Ujd6MtBI[編集]
おつかれさまです。

全頭救援掲示板が見づらく投稿が少ないので、新たに掲示板を借りましたことをご報告させていただきます。
今の掲示板には[新掲示板]のリンクを設けてあります。
新掲示板はhttp://z.z-z.jp/?save_our_dogsです。
手際が悪くて申し訳ないです。
2007/03/25(日) 21:24 | URL | レイナ #-[編集]
▼コメント気軽に書いてねぇ!
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
本日2本目の記事ですいつもお世話になりっぱなしの「ちゅーちゅーでござる」に、「イギリスのボーダーコリー・レスキュー団体からの大阪府への公開レター!」が載っています。現在、ちゅーちゅーの母さんが翻訳して下さっています。他にも紹介したいサイト様があるのですが
2007/03/02(金) 10:32 | 犬養分な日々
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。