ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪府カリフォルニア事務所への公開懇願レター!
2007年03月03日 (土) 03:45 | 編集
以前も「大阪と姉妹都市のサンフランシスコの新聞社にメールする手もあると思います。」という提案を送ってくださったえなめんこさんの積極的な行動により、アメリカと日本でペット用品のお店「GEORGE」を経営するボビーさんが、サンフランシスコにある大阪府カリフォルニア事務所に懇願レターを送って下さったそうです。

今回そのボビーさんから許可を頂き、ここにその内容を公開します。この翻訳はえなめんこさんがボランティアしてくださいました。

えなめんこさん、ありがとう!!

*このブログ上の公開レターの日本語訳はえなめんこさんが行いました。えなめんこさんはプロの翻訳家ではなく、えなめんこさんの翻訳により誤解を招きそうになった場合は、必ず元の英文を参考にして下さい。公式の日本語訳という事ではございませんので、ご理解願います。



大阪府カリフォルニア事務所
関係各位

私はボビー ワイズと申します。サンフランシスコにおいてGEORGEという高級ペット用品店を経営しています。私どもは弊社の製品を製造し、サンフランシスコ、バークレー、サンタモニカの3店舗を通じて販売しています。また、同店舗以外の米国内や海外の小売店にも卸売り販売をしています。こちらが弊社のウェブサイトです。
GEORGE
http://georgesf.com/ 
GEORGE JAPAN  http://www.georgejp.com/main.html

私どもは芦屋と東京に店舗を構え、日本にも進出しております。日本の販売代理店は神戸に
あるため、私は大阪と周辺地域をとてもよく知っています。

私は現在大阪で、200頭以上もの繁殖業者にいた犬が大阪府によって所有され、ブルセラ病にかかり健康を損ねているという理由で処分されることとなっているという状況を知り、とても
動揺し失望しています。適切な手当があれば、これらの犬は回復することは可能であると私は理解しています。

今日私がこのメールを書いているのは、貴殿にこの状況に介入するためにできるいかなることをもしていただきたいと嘆願するためです。どうか、大阪府にご連絡いただき、この200頭以上の犬達に対する彼らの行動と処置は受け入れられるものではないと伝えて下さい。ご支援をよろしくお願い致します。そして、この状況の中、私どもに何かお手伝いできることがあればお知らせ下さい!

GEORGE 
オーナー、 ボビー ワイズ

--------------------------------

▼以下英文です。

to whom it may concern:

my name is bobby wise, and i own GEORGE, which is a high-end pet supply company located in san francisco. we manufacture our own products, and sell them through our three retail shops located in san francisco, berkeley, and santa monica. we also sell our products wholesale to other retailers throughout the u.s. and also internationally. this is our website: http://georgesf.com/

we have a presence in japan, with shops in ashiya, and tokyo. our japanese distributor is located in kobe, so i'm very familiar with osaka and the surrounding area.

i was very disturbed and disappointed to learn of the current situation in osaka where over 200 dogs from puppy mills are being held by the osaka prefecture government office, and scheduled to be euthanized because of their poor health conditions due to brucella canis. it is my understanding that it is possible to rehabilitate these dogs with appropriate treatment.

i am writing you today to implore you to do anything possible to intervene in this situation. please contact your associates in osaka and let them know that this behavior and treatment of dogs is unacceptable. thank you so much for your help, and please let me know if there is anything we can do to assist in this situation !

bobby wise, owner
GEORGE



【安楽死という言葉について】
犬を処分する際に使う言葉として知られている「安楽死」ですが、私はその言葉をあえて使いません。その言葉を使ってもいいのは、「獣医や、動物愛護シェルターなどでの必死の看病にも関わらず、このまま生かしておくのは、この犬(動物)を苦しめる時だけだ。」という判断した時に、痛みなく、すぐに意識を失い死ぬという時だけだと思います。

このブルセラ症の子達、そして保健所で殺されている子達は「安楽死」ではありません。ブルセラ症の子達の処分方法は、静脈注射でありガス室ではないという事ですが、「この子達に最善の治療を行っていない、不正の死」であるというのが理由。
また、保健所では注射ではなく、ガス室で15~20分も苦しみ、結果窒息死、またはそれでも死に切れずに「生きたまま」焼却炉に掘り込まれる、それが現実です。

探偵ファイル「ペットブームの影に・・・」にガス室での様子が写真と動画で見れます。かなりキツイです。しかし、「私は犬を飼ってないから、人事だから・・・。」といって目をそむけないで見てください。

これを安楽死と呼べますか?

ここで誤解を防ぐ為にいいますが、今まで「安楽死」という言葉を使った事のある、または使っていた方々がほとんどだと思います。私はここで皆さんを批判してるのではないよ。ここでも私は「情報の提供」を目指してます。これを読んで考えてくれればいいと思うんです。

単純に、考えてみてね。「安楽死」と聞くと、「ああ、苦しまずに死ねるのね、それじゃーいいか。」って思う人もいるかもしれないヨ。私は、そうではないという事をきちんと相手に伝えたいんです。

【ブルセラ症の犬達の元の原因はパピーミルにあります】
たるチワジャーナルさんのブログに載っていたパピーミルの現状についての動画をご覧下さい。

Charlize Theron Puppy Mill Investigation



今回Welfare for Animals Globalという世界各国の動物達を愛護する団体も大阪府に対し「手を差しのべてくれている愛護団体と、またたび獣医師団と大阪府が思いやりの気持ちをもって協力し合い、犬達を助ける事を強く望みます。」といっております。この団体は今後とも各関係に呼びかけ、私達の手助けをしてくれるそうです。




【愛犬の健康を考える専門家】
訪問型トータルドッグケア・わんこのきもち
カウンセリング◆ドッグアロマケア◆ドッグ指圧マッサージ◆食事・栄養アドバイス◆ケア関連機関◆専門家の紹介◆ケア商品の販売◆手作りごはん&おやつ類ネット販売
ちゅーちゅーもお世話になっとります。Sakicoさんありがとね。
わんこのきもち




↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!

スポンサーサイト
コメントありがとさんっ!
▼この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/03(土) 09:49 | | #[編集]
日本でいう「安楽死」の方法を、
少し前にアークエンジェルズさんのHPで知り衝撃をうけました。
これまで知らずにいた自分が無知でバカだと思いました。
涙が止まりませんでした。
色々な人に知ってもらいたい事実です。
ちゅーちゅーの母さんの言葉
とても分かりやすく、
心に響きました。
動物が安心して暮らせない
ゆとりの無い国など、
人間が平和に暮らせる訳がないですよね。
わたしも色々な人に知ってもらえる様に、出来る限りの事をしていきます。
2007/03/03(土) 11:58 | URL | coco #-[編集]
いつもありがとうございます。。と言っても、いつも読み逃げして、ちゅーちゅーに拍手喝采してもらってかえりました。。記事ももらったし、リンクもさせてもらってます。。ずうずうしくてすいません。。
今は大阪のブルセラ症の子がいや・・全頭が助かるように・・全力をつくしてます。。
あのこたちが早く、青空のしたを走り回れたらどんなにうれしいか・・・また何度もきます。
ありがとうございます。
       
2007/03/03(土) 16:36 | URL | sakura #-[編集]
このように小さな一石が大きな波となって人の心を動かし
法律とか政治とかそんなの越えて
想像力を持って希望へと向ってほしいと願います。
自分が犬たちの立場だったら・・また自分の家族が今殺されようとしていたら・・
あー、今現在現場はどんな状態なのだろう?
2007/03/03(土) 18:24 | URL | SAKICO #F5Tx.MT2[編集]
「安楽死」は安易に使える言葉ではないですよね・・・そこまでの道のりに苦しみと悲しみがあって、それでも駄目だったとき、初めて言葉として表現するのが安楽死ですよね・・・
いつも情報を提供してくれてありがとう。知らないことを知るって本当に大切ですよね。
2007/03/04(日) 02:01 | URL | ariane #e/PIUhBc[編集]
今日、アメリカ人の友人とチャットして事の経緯を話すと、呆れ果て何故処分しなきゃいけないのかと理解に苦しんで怒っていました。大阪府または大阪府カリフォルニア事務所にメールをし、可能な限り沢山の友人・知人にメールを送ると言ってくれました。彼はグラフィックデザイナーで、東洋美術史も大学で学び、京都や奈良に憧れているので、日本に来た事はなくても大阪のことは知っています。なので、その隣の大阪で・・・ととても驚き、失望していたようです。彼のアドバイスによりAmerican Kennel Clubにもメールしました。
2007/03/04(日) 19:55 | URL | えなめんこ #-[編集]
初めてコメントさせていただきます。毎日お疲れ様です。
パピーミルの映像を紹介してくださってありがとうございました。ちょうど現実が知りたいと思っていたところだったんです。
私も管理所での最期はとても「安楽死」ではないということは知っていましたので、行政にこの言葉でごまかされることに納得がいかずイヤでたまりません。
大阪のわんこたち、一日でも早く適切な治療とあの環境から開放させてあげれるように、引き続き応援していきますね。
2007/03/04(日) 21:03 | URL | papiママ #-[編集]
びっくり!
昨日の日記で丁度安楽死の事を載せていて。。。
今日此方に伺ったらこの日記で。。。
マジでびっくりしています!
気が合いますね~
喜んでいる場合じゃないのですが!!
なんだか嬉しい気もします(^-^)ゞ ポリポリ


ボビーさんのお返事を観ると勇気が湧いてきますね!
こうして小さな活動も きっと報われて小さな命が助かる事を祈ってやみません!
2007/03/04(日) 21:45 | URL | ラッ君ママ^-^*。 #-[編集]
ふがれすでの掲示板でたまたまお会いしましたー。私もつい最近入ったばかりで、関西に住んでいます。
同じ気持ちの同じ地域の人と出会えて嬉しいです。
2007/03/04(日) 23:26 | URL | りん #868LDUPU[編集]
ちゅーちゅーさん、はじめまして。
私のブログでブルセラ症について取り上げる際に、ちゅーちゅーさんのブログをお借りしました。
また、私自身、大変ちゅーちゅーさんの、お考え、ブログ、勉強になりますのでリンクさせてください。
2007/03/05(月) 00:09 | URL | モナミのママ #-[編集]
世界から注目されていることに光が見えて来た気がします。
↓の記事にもありましたが、「静観しすぎていた大阪府の職員の辞職の嘆願」にハッとさせらてました。
大阪府に電話をしたときに「この人に言ったところでちゃんと伝わるのだろうか?」という不安。
まさに、電話で対応した人も含めて『静観』しすぎているんですよね!
2007/03/05(月) 22:30 | URL | たけうさ #sq/UIalg[編集]
探偵ファイルみてきました。でも動画だけは無理でした。小学生頃(20年近く前)に1度焼却されていく子達をTVで見たことがあり、そのとき子供ながらに涙したことを思い出しました。以前から「安楽死」などではないことは知っていました。少しでも現実を見なければと、「動物たちのレクイエム」も購入しましたが、買ってから1年近く経ちますが、未だに見ることができずにいます。涙が止まらないのです。見てきた今も胸が苦しい…。どこかの放送局で特番でもやって、もっと現実を伝えてくれたらいいのに。
2007/03/05(月) 23:30 | URL | さり #WZAQo8Ek[編集]
またたび獣医師団です。
ありがとうございます。
ブログで紹介させていただきました。
今後ともよろしくご尽力のほどお願い申し上げます。

さがみえつこ
2007/03/06(火) 23:47 | URL | またたび獣医師団 #-[編集]
海を越えて、声がひとつに…
いつも心強いメッセージありがとうございます。
和泉市のブルセラの殺処分にばかり、執着していましたが、「動物問題」の本質はパピーミルにあります。探偵ファイルの画像も、センターで処分になる仔達、実際私も友人の迷子犬を探しに行った時、檻の中の悲惨な仔の目を今でも忘れることはありません。
生体販売、ネットオークション未だに存在する日本。
この根本に広島DPも大阪和泉市も
あります。ちゅーちゅー様、これからも動物問題の啓蒙お願いします。
ありがとうございました。
2007/03/06(火) 23:55 | URL | ハナ #-[編集]
同感です。
初めまして。お初のコメントです。
「動物」に関する心強いご活躍、大変感謝しています。

「安楽死」について、私もまったく同じ考えです。
私も、あえて今回の大阪府のやり方に対し、「安楽死」という言葉を使わないと決めています。

「睡眠薬で眠らせて、苦しまずに死ねるから安楽死」
この大阪府の無神経さに、なんという暴言だろうと、涙が出ました。

「安楽死」とは、数ある治療法をやりつくしてようやく到達できる、高い高い場所にある、本当に最後の、愛情を持って選ばれる選択肢です。
クスリも何も、もう効かない。本当に苦しみだけがその子を支配した時だけに、選ばれるべきものです。

「苦渋の選択」なんて言ってる場合、「安楽死」では到底あり得ません。

同じ考えの方がいると思うだけで、心強いです。
ありがとう。



2007/03/07(水) 00:06 | URL | kazumi #-[編集]
▼コメント気軽に書いてねぇ!
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。