ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼろぼろになって・・・
2006年08月28日 (月) 23:30 | 編集
大阪のMさんからこんなメールを頂きました。


日本では、犬はペットショップでの店頭販売が主なので、どんな繁殖がされているかとか、どんな親から生まれた子かほとんど知らずにみなさん犬を買います。
100匹を一人で飼育していたブリーダーが入院して、悲惨な状態のわんちゃんたちが初めて発見されました。
救出されましたが、状態はひどく、頭数も物凄い数です。
多くの一般の方から、募金などもされていますが、まだまだ不十分かと思います。
多くの目の方にとまれば、すこしでも多くの暖かい支援の手が差し伸べられないかと思いました。
里親様、一時預かり、救援物資など募集されています。


私も、本当に微力ではありながら、この中の1匹のワンちゃんの一時預かり先になりたいとご連絡しました。

もしよければ、今まで一度もお外の世界を見たこともない、人間に暖かく優しい手に触れたことのないカワイそうなワンちゃんたちに、ちゅーちゅーファミリーの大きなお力を貸していただけませんか?

私は、ワンライフさんの関係者ではありませんが、代表の方ともお電話でお話させていただきました。
多くの方にこの事実を知っていただきたい、そして、この中の1匹でも多くのワンちゃんが幸せになることを願っていらっしゃいます。



ワンライフさんのHP
http://www.k4.dion.ne.jp/~wanlife/

繁殖場のレスキューレポート
http://blog.livedoor.jp/wanlife3/archives/50071043.html


純血犬といってペットショップで飛ぶように売れる子犬達の影にこんなに悲惨な状況がある。

純血犬にこだわるのはなぜ?


血統書って何?


そんなに大事?


犬を飼いたいと思っている方々、保健所、愛護協会から犬をレスキューしませんか?


可哀想だからっていって飼うんではなく、その子からもらえる無償の愛に感謝する気持ちで・・・。


私はちゅーちゅーが純血種でなくても、間違いなく飼っていました。


本当はちゅーちゅーではなく、他の雑種を飼う予定だった。


でもその子は人の子供が嫌いで、結婚したばっかりの私達夫婦には愛護協会が譲ってくれなかった(将来子供が出来る可能性大だから)。


だからそこでちゅーちゅーと運命の出会いができたんやけどね。


純血犬である必要はあるのかなぁ。


こんな事書いたら、人々の反論もあるだろう。


うちは可愛がってる!って思うだろう。


私は現在飼われている方々を責める立場であるとは思っていませんし、そんな気はありません。


ただ、このような状況を知った以上、ただ「へー、可哀想だねー。」と思いつつ、次の犬もペットショップで、またはブリーダーで買うという事をもう少し考えてもらえたらなー思います。


きちんと愛情を込めて犬を飼育されているブリーダーの皆さんには不快な思いをさせるかもしれません。


そのようなきちんとしてらっしゃるブリーダーさんからワンコちゃん達を買った皆さんにも不快な思いをさせるかもしれません。


その事に関しては申し訳ないなーという気持ちもあるけど、でも疑問もやっぱり残ります。


なぜ純血犬だけ売るのでしょう?


答えは分かりきった事かもしれませんが、私はそれでも疑問に思います。


純血種である必要はあるんですか?


純血種と雑種。


目があり、耳があり、四本の足がある。


同じようにあなたを愛してくれる。慕ってくれる。


「私はこの犬種が好き。これ以外には興味なし。」


そういうのって、あり?


ものすごく納得できない気持ちになるのは、私だけ?


もし、あなたのお家に余裕があるならば、是非手を差しのべてあげてもらえませんか?


「助ける事で、助けられる。癒す事で、癒される。」


よろしくお願いします。








スポンサーサイト
コメントありがとさんっ!
▼この記事へのコメント
心が痛いです。辛いです。ここで何も出来ない自分の小ささが悔しいです。

弱小ブログですが一人でも多くの人に見て頂きたいので私のブログでも紹介させて頂こうと思います。
2006/08/29(火) 01:50 | URL | 犬子 #ioPfNrnk[編集]
私も見ましたこの記事。

他のサイトでこの件について書き込みをしたんですが、実態の無い募金集め?のような記事はNGです。との理由で削除されてしまいました。

アレだけの画像を見ても
「実態の無い募金集め」と思われてしまう(T_T) これもまた悲しい現実。  

でもアノ過酷な状況の中生き抜いていたんだから これからの人生幸せだって思ってほしいですよね。 微力ではありますが
私もなんらかの形で応援したいと思っています。
2006/08/29(火) 07:51 | URL | まきちゃき #-[編集]
悲し過ぎますよね...
このお話は他のBlogで知りました...
何で一ブリーダーで50頭も100頭も飼育する必要があるんでしょうか?

そして最近...女流作家による猫殺しなどの虐待や、飼育放棄、望まれずに生まれた仔やハンデを持った犬猫の投棄...余りにもこの手の話が多過ぎます...
犬や猫は物ですか?単なるおもちゃですか?...何時も怒りとも、悲しみともつかない感情に涙が出てしまいます!

きゅうとも後脚にハンディキャップがあります(飼い出して暫くして判りました)...
もし、きゅうとが我が家に来なかったら...きゅうとを買った誰かさんはきゅうとを飼い続けたでしょうか?もしかしたら、ブリーダーに返してしまったかもしれません...じゃぁ、返されたきゅうとは?...考えるのが恐ろしくなってしまいます...

我が家も、もしまたワンコを飼える条件が揃った時は、ペットショップやブリーダーからではなく、レスキューされた子達を迎えてあげ様と思っています。
2006/08/29(火) 08:19 | URL | きゅうとパパ #-[編集]
血統って何???
ウチはペットショップだけどチャンピョン犬の子でもなく普通の子でした。
最初に出会った頃、兄妹でショップにいました。とっても可愛く2匹ともウチに迎えたいね・・・って言いながら衝動的な感情でこの子達を迎えてはいけない思い、2人で考える事にしました。
後日主人には内緒で1人で見に行くと女の子は売れちゃって値下がり???(値段って何???)マハロ1匹・・・すぐにパパを連れて行きウチに迎えました。本当に運命の出会いだったと思うし、これから淋しい思いしたぶん幸せにしてあげたいと思います。
いつか一軒家に住むことができ、幸せにできる状況になったら守ってあげたいと思います。
2006/08/29(火) 21:54 | URL | マハママ #-[編集]
うぅ・・・
怖かっただろうし、淋しかっただろうなぁ・・・
あんな目にあっても、そのブリーダーの方を主だと思っているんだろうね。。。
この子達、全員幸せになってもらいたい。
辛い目にあった以上の幸せが訪れますように・・・
2006/08/29(火) 22:23 | URL | 花林糖 #-[編集]
この悲しいお話とチューチューくんのブログを
じげんのブログで取り上げさせてもらいました。
事後報告でごめんなさい。
もう、こういうことは世の中からなくなってほしい・・・
切に願います。
2006/08/31(木) 01:01 | URL | ねずねず #-[編集]
▼コメント気軽に書いてねぇ!
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いつもこちらに来て下さる「ちゅーちゅーでござる」のちゅーちゅーの母さんこと「いのり」さんの「ぼろぼろになって・・・」とワンライフさんの「繁殖場レスキューレポート」にTBさせて頂きました三重県のとあるブリーダーが一人で100匹以上の順血腫のワンコを飼育して
2006/08/29(火) 02:19 | 犬養分な日々
もう色んなところで紹介されいるので知ってらっしゃる方も多いと思いますが、やっぱりちわわせでも紹介しようと思いました。『三重県繁殖場レスキュー』についてです。もし、まだお知りでない方がおられましたら
2006/08/29(火) 21:09 | ちわわせ日記
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。