ちゅーちゅーでござる
ニューヨーク州の愛護協会から来た、我が家の父ちゃん大好きチワワ、オレゴン州ポートランドからちゅーちゅーの日常生活を写真と動画で紹介してます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日も頑張ろうね!
2007年03月01日 (木) 02:23 | 編集
またたび獣医師団さんよりマスコミ各社へ向けて「大阪ブルセラ犬感染症報道についての御願い」が出されました。これを出来るだけ多くのマスコミに広げるお手伝いをして下さい。

海外にいる私にもできること、実際に役に立つ提案、考えてきました。

自分の感情、エゴ、こうなるべきであるという理想、それをちょと横においておいて、実際どうすればこの犬達を救えるのか?考えています。

私達「処分反対派」を見る一般の人達(特にブログなどを見ていない方々)は、「処分反対派」が単に感情によって動いているとお思いの方が多いような気がします。

私にはそうではないという事は分かっているのですが、一般の人々にはきっとそれが伝わっていないんです。私達は、ブルセラ病が治療可能という事を色々な資料を読んで知っているから反対しているのに、その事実がうまく伝わっていないのです。

私の知っている人の中にも、「愛護団体にいい感情を持っていなかった」と言う意見はありました。正直びっくりしましたが、テレビの偏った情報を見聞きし、インターネットで流れる沢山の情報を得てないので、仕方のないことかもしれません。

じゃあ、どうすればいいのだろう?

そのような人達に本当の事を分ってもらうために、今一番効果のある事は何なのか・・・。今私達が力を入れないといけない分野を私なりに考えてみました。


◆ブログを見ていない方々にブルセラ病の真実を知ってもらうこと(その情報の提供方法についてはマスコミにメールにて知らせるというのもありますが、もっと効果的な方法を思いつかれた方は教えてください)。

◆現在関与している愛護団体、またたび獣医団体さんらに現在ブルセラ病に掛かっている犬達を治療する手立て(金銭的、治療場所の確保などなど)が実際にあることを証明していただき、一般市民に理解を求める。


◆私達一般市民からの寄付も、沢山集まると私は思います。それを証明するのは難しいですが、このブログにコメントを入れてくれた人や訪問してくれた人達の数を見ると寄付への期待は高いですよね。


いいアイデアがある方、コメント欄にどんどん書いて下さい。

yo1.jpg



辛口やけど(うふふ)、おっしゃる事に賛成する事が多い若様のマミィさんのブログに新しい提案がありました:



若様の宝石箱(ちびプードルの日記)
http://diary.jp.aol.com/vmvthqnaq/

で、僕は皆さんに提案する。

大阪府は海外の姉妹都市にオフィスを持っているの。
海外からの圧力や抗議はそこに送ると良いんじゃないかな。

僕が住んでるカリフォルニアはね。。

Osaka Prefecturel Government
International Business Organization of Osaka, Inc.
California Office

  120 Montgomery St. #1401
San Francisco CA 94140
Tel : 415-288-3920
Fax : 415-288-3924
E-mail : ibocaj@osakafu.org

皆さん、アメリカのマスメディアや動物愛護団体へメールを送るのなら
是非、このアドレスに抗議文を送るようお願いしてください。



コメントより:

えなめんこさんからは以下のようなアイデアを頂きました。


こんばんは。大阪と姉妹都市のサンフランシスコの新聞社にメールする手もあると思います。ただ、文字制限(250字)と送信者の氏名、電話番号を記載しなければいけません。新聞社名は SF Chronicleです。 letters@sfchronicle.com 



▲この文字制限用に今までの英文を250文字以内に編集しました。コチラにメールを書かれる場合は以下の英文を使ってね。


Dear Editors of SF Chronicle,

*This message has been translated for Japanese people who can not speak or write English.

I am writing you because we desperately need your help. There are over 200 dogs (from puppy mills) in Osaka, Japan (Sister city to SF) that is facing extermination by the Osaka prefecture on Feb. 27th 7a.m. (Original planned date). Due to the strong resistance from the group of volunteers, animal rescue groups and volunteer veterinary doctors groups, Osaka prefecture postponed the extermination for today. Out of over 200 dogs that are in extremely poor conditions, more than 100 dogs have been infected by Brucella canis and that is the reason for extermination. Osaka prefecture has done nothing to save these dogs' lives or even separate these dogs that are infected and not-infected in the beginning and that created more infected dogs as a result. These dogs can be saved by appropriate treatment but nothing has been done.

There are couple of organizations in Japan that have been trying to save these dogs (and I believe they have capability of saving them), but Osaka prefecture has denied and ignored all of their attempts to help. We need to stop killing dogs that are treatable and we need your help to change their mind about this.

For your references:
http://www.bordercollierescue.org/Foriegn/Asia/Japanese%20Dogs.html

I sincerely hope that your organization can help to spread this message across the world. These dogs deserve a second chance.

Sincerely,
あなたの名前をアルファベットで書いてください。
電話番号を書いてください。



その他にも皆さんから頂いたアイデアをコチラに随時更新してゆきますので、またチェックしてください。




↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!

最後の最後まで【続編】
2007年02月28日 (水) 05:00 | 編集
【追記】
またたび獣医師団のブログにてマスコミへ向けて「大阪ブルセラ犬感染症報道についての御願い」という記事が出されております。各マスコミに送って欲しいとの事です。

今ワンコたちはどうなってるんかな・・・。
処分延期の後、どうなったんやろう。
誰か情報をお持ちの方、教えてください。

皆さ~ん、

otsukare1.jpg


【お詫び】
どあほ なワタクシはヒューメイン・ソサエティのスペルをおもいっきり間違えておりました。

「Human」ではなく「Humane」でした。すでに沢山の人達がメールを送った後での間違い発覚・・・ごめんなさい。この英文を載せて下さった各ブログさま、お手数をお掛けいたしますが、変更お願いします。ごめんネ。教えてくれた方、ありがとう!


あほ、あほ、あほー!

私のあほー!!



処分の延期という事もあり、英文の内容を更新しましたので、報告します。マスコミ、TV会社へのメールへのアドレス英文はコチラからどうぞ


予断は許さない状況ですが、良い結果を確信して行きましょう。

ネガティブから愛は生まれない。

私は最近覚えたこの言葉を信じてます。


反行政的なデモに参加しないで、犬達の命をサポートする行進に参加しよう。そうする事で愛が生まれると思います。


そして、あまりにも盲目にならないで、理性を持って行動しましょう。


これをきっかけに、ペットショップで犬を買うこと、ネット販売で犬を買うこと、血統書のついた犬にこだわりすぎること、珍しい犬(毛の色や目の色など)が欲しいからという理由で犬を買うことに対する考えを変えてほしいと切実に思います。

行政を責めたり、悪質ブリーダーを責めたりする気持ちも十分理解できます(ましてや現場で実際に哀れな姿の犬達を前に、行政の人達の対応を見てきた人達には、私には到底分からないほどのフラストレーションがあると思います)。しかし、忘れてはならない事は、今回のブルセラ病の犬達や、それ以外にも数え切れないほどの動物達のレスキュー要望が絶えないのは「買う人」がいるから。これを私達へのレッスンにしたいですね。

現場で犬達を守ってくれている皆さん、ありがとう。


以前の記事のコメント欄にも皆さんからの情報がありますのでどうぞ!



↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!

最後の最後まで
2007年02月27日 (火) 08:49 | 編集
【追記】

皆さ~ん!

色々コメント内で情報や、ご指摘ありがとう!
メールも頂いてますが、これから仕事場に数時間程出なくちゃいけなくて、その方々に今すぐ個別にお返事する事ができません。出版社へのメールをしたところ、英語でメールが帰ってきたという件で私にメールを送ってくださった方、それは自動返信メールですので、ご安心ください♪
それでは家に帰り次第、メールへのお返事や情報収集にとりかかりますネ。帰ってくる時間は日本時間の真夜中になりますなぁ。

わんこ達を現場で守ってくださった方たちの勇気にホントに感謝やなーとつくづく感じます。ありがとう。


取り急ぎ、
ちゅーちゅーの母より
2月28日午前12時46分

本日の処分は中止という事になったようですね。
現場で身体を張って犬達を守った皆さんありがとうございました。
今はまだ予断を許さない状態だと思います。
これからも見守り続ける事が必要です。皆で見守ってゆきましょー!

【下にLA Timesに関する追加文書を載せました】
現在LA Times以外でもメールを書けるアメリカ(または世界のメディア)のアドレスがないか調べていますので、分かりしだい更新しております。

日本に住むうちの姉からメールが入りテレビのニュースにて「愛護団体が立ちはだかって、府は動けないとのこと。睨み合いの映像でした。」という情報が入りました。
今とにかく時間がなく、このような強行対策をとらざるを得なかったボランティア、愛護団体、またたび獣医団さん達の行動を理解してあげてくださいネ。みんな頑張れ!そしてありがとう!



NYの日本領事館からこのようなお返事を頂いた方がいらっしゃいます:

大阪府での件について、再度のご意見のメール、頂きました。この件に関しましては、前回ご説明させて頂いたように、日本での法規制問題になりますので、当館で出来ることは、このような意見があったという事実を、東京(外務省)へ連絡するというところまでが限界となります。また、在外公館というのは、あくまで日本政府の一機関となりますので、大阪府へ抗議するという立場にはないことを、どうぞご理解下さい。(例えば、ここ、在ニューヨーク日本国総領事館は、アメリカに場所を借りている、日本政府の出先機関ということになります。)

ですので、もし、アメリカ政府の意見を聞くなり力を借りたいということであれば、日本にある米国大使館・総領事館にご相談なさってみてはいかがでしょうか。以下が連絡先です。

駐大阪・神戸アメリカ総領事館
〒530-8543
大阪市北区西天満2-11-5
Tel: 06-6315-5900
http://osaka.usconsulate.gov/wwwhjmain.html

Tel. (03) 3224-5000

在日米国大使館
〒107-8420
東京都港区赤阪1-10-5
Tel: 03-3224-5000
http://tokyo.usembassy.gov/tj-main.html

ここは日本語でも大丈夫なのではないでしょうか?
今犬達がどのような状況にいるのか、私には分かりません。
知っている方いらっしゃれば教えてください。

皆さんにできることがまだあります:

以下、アメリカの大手出版社、LA Timesに関する情報も頂きました。

アメリカでのNY Timesと同じ位の最大大手新聞社、Los Angeles Timesへ送ったところ、「担当のセクションにちゃんと回します」と、すぐに返信メールがありました。担当は下記になります。

注意)書く出版社へのメールの際、英文の「Dear 〇〇〇〇」をそれぞれの名前に変えるようお願いします。(例:NY Timesへの場合は「Dear NY Times」にする。)

LA Timesへのメルアドは以下の通りです。
foreign@latimes.com

NY Timesへのメルアドは以下の通りです。
foreign@nytimes.com

Washington Postへのメルアドは以下の通りです。
letters@washpost.com

CNN.co.jpのメルアドは以下の通りです。
こちらは日本語のサイトですので、日本語でOKですヨ。
feedback@cnn.co.jp

アニマルプラネットのメルアドは以下の通りです。
こちらは日本語のサイトですので、日本語でOKですヨ。
info_animalplanet@jupitertv.co.jp

下にある英文はLA Times用に少し変えておきましたので、下ものをコピーしてお使いください。万が一、間に合わなかったとしても、これまでの犬達の事をないがしろにしてはいけません。犬達の苦しみを無駄にしてはなりません。これまでの行政の対応は外に知らせなければならないと思います。



メールの題は「Osaka Prefacture in Japan will Kill Dogs!」

Dear Editors of LA Times,
↑ここの太字の部分を正しいあて先に変えてくださいネ。

*This message has been translated for Japanese people who can not speak or write English. Please know that we sincerely do not want this email to be viewed as spam mail.

I am writing you because we desperately need your help. There are over 200 dogs (originally rescued from puppy mills) in Waizumi-city, Osaka, Japan that is facing extermination by the Osaka prefecture on Feb. 27th 7a.m. (Original planned date). Due to the strong resistance from the group of volunteers, animal rescue groups and volunteer veterinary doctors groups, Osaka prefecture postponed the extermination for today. Out of over 200 dogs that are in extremely poor conditions, more than 100 dogs have been infected by Brucella canis and that is the reason for extermination. Osaka prefecture has done nothing to save these dogs' lives or even separate these dogs that are infected and not-infected in the beginning and that created more infected dogs as a result. It seems to me that they never meant to help them in the first place. These dogs can be saved by appropriate treatment but nothing has been done. In fact I’ve heard Osaka prefecture over medicated these dogs and many of them died because of it.

There are couple of organizations in Japan that have been trying to save these dogs (and I believe they have capability of saving them), but Osaka prefecture has denied and ignored all of their attempts to help. We need to stop killing dogs that are treatable and we need your help to change their mind about this.

For references and more information about this matter, British Border Collie Rescue Group have offer support and posted the information on their website:

Here, you can see how terrible things are.
http://www.bordercollierescue.org/Foriegn/Asia/Japanese%20Dogs.html

I sincerely hope that your organization will publish a report about this and helping to spread the message across the world and help these treatable dogs and teach the Osaka prefecture that this is not how to treat animals.

I sincerely hope that my email can be help to these animals who does nothing but to love us even after all the mistreatment they have faced by us.


Sincerely,
ここに貴女のお名前をアルファベットで記入してください。








↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!


【緊急】お願い
2007年02月26日 (月) 17:23 | 編集
大阪府は、27日朝7時より犬たちの処分を決めました。

処分=殺すという事です。

*お詫び*
どあほな私はヒューメイン・ソサエティのスペルを間違えてました。がーん。すみませんでした!教えてくれた方ありがとう!(現在は直してあります)


時間がありません、皆さんどうぞ、「Humane Society International(ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナル、動物愛護団体インターナショナル部)」の方にメールを送り、どうか海外の愛護団体から日本へクレームを送ってくれないか、と頼んでもらえないでしょうか?

もちろん英語でなければならないので、私が下に書いた英文をそのままコピーして使っていただいてもかまいません。

何とか諦めないで最後までこの子達の為に戦いましょう!!

▼メールはコチラまで送ってください
Humane Society International (HSI)
E-mail: hsi@hsihsus.org




Dear Humane Society International,

*This message has been translated for Japanese people who can not speak or write English.

I am writing you because we desperately need your help. There are over 200 dogs (originally rescued from puppy mills) in Osaka, Japan that are facing extermination by the Osaka prefecture on Feb. 27th 7a.m. (In Japan time). Many of these dogs have been infected by Brucella canis and that is the reason for extermination. Osaka prefecture has done so little to save these dogs' lives. It seems to me they never meant to help them in the first place. These dogs could be saved by appropriate treatment but nothing has been done. There are couple of organizations in Japan that have been trying to save these dogs, but Osaka prefecture has no ears to listen and ignored all of their attempts to help. We need to stop killing dogs that are treatable and we need your help to change their mind about this.

For references and more information about this, British Border Collie Rescue Group have offer support and posted the information on their website:

Here, you can see how terrible things are.
http://www.bordercollierescue.org/Foriegn/Asia/Japanese%20Dogs.html


I urge you please to contact the Japanese embassy in the US, or any other places you can think of, and implore them to stop killing the dog that can be saved by appropriate treatment. These dogs have been mistreated by human since they were born and it is time to treat them right!

Here's the contact information of Japanese embassy for your convenience. We really don't have time, please show us what you can do to make a difference in this matter.

Embassy of Japan in the United States of America
2520 Massachusetts Avenue, N.W., Washington, DC 20008
Phone: 202-238-6700 (Main)
Email: jicc@embjapan.org
Fax: 202-328-2187

Sincerely,
ここに貴女のお名前をアルファベットで記入してください。



上の文章ですが、今にも殺されそうになっている犬達を助ける為にアメリカにある日本領事館に連絡をして、犬を殺すのをやめさせるように要請して下さいという事を書いてあります。住所や、電話番号、メールアドレスが載っていますが、それはワシントンDCにある日本領事館の連絡先です。(ヒューメイン・ソサエティ・インターナショナルはアメリカのワシントンDCにあるので、そこにある日本領事館のアドレスを載せました。)

沢山の皆さんがメールを書けば、間に合うかも知れない。正直、アメリカには時差がある為、非常に難しいところですが、やってみないと分からない!最後まで諦めないで行くべきです。よろしくお願いします!!

これはリンクフリーです。どうぞご自由に使って、お友達にも教えてあげてください。その際、コチラへの報告はなくても結構です(報告していただけると単純にうれしいっす)。

アクセス数の多いブログをお持ちの皆様、色々と諸事情もあるかと思いますが、この文書をそちらのブログで紹介していただけると嬉しいです。とにかく時間がないので、うちの文章をそのままコピペして下さってもかまいません。またうちのブログの売名行為ではないので、こちらへのリンクバックはしていただかなくても結構です。どうぞよろしくお願いいたします。



↑人気ランキングです。ぽちっと押してね!


あら、失礼♪
2007年02月22日 (木) 13:25 | 編集
おっ!ちゅーちゅーのお気に入りオモチャやん。



ashi1.jpg





おいおいおいおいおいおい。




ashi2.jpg




ワタクシったら、足でお上品に遊んでます。
やっぱり育ちがいいと、遊び方も上品よね、ええ。




ashi3.jpg



皆様もたまには足の指を鍛えましょう。
その為には小型犬は最適でございますわ。おほほ。


ashi4.jpg



失礼いたしました。


ちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅーちゅー

↑ちゅーちゅーアイコン作ったったわ。ねずみとちゃうよ。



先週末にポートランドにある中国庭園に行ってきました。

ashi6.jpg



青空晴天で綺麗な日でしたよ。


ashi7.jpg



美しい中庭。↓↓↓


ashi8.jpg



実は、この写真の中に衝撃的な事実が隠されています。


ちょっとショッキングよ。


下にある続きを読むのリンクをクリックして、見たい人だけぞうぞ!


≫ "あら、失礼♪" の続きを読む...
Powered by . copyright © 2006 - 2016 and beyond. ちゅーちゅーでござる All rights reserved. Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。